アンニュイな女の子の絵で人気 大島智子による初個展『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』が開催

ニュース
2017.9.6

画像を全て表示(3件)

イラストレーター、映像作家の大島智子による初の個展『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』が、2017年11月10日 (金)~2017年11月19日 (日)にかけて、GALLERY X BY PARCOにて開催される。

大島智子は、どこにでもいるような女の子の繊細さやアンニュイな雰囲気の絵が特徴のイラストレーター、映像作家。2010年頃からイラストを元にしたGIFアニメをTumblr上に公開しはじめ、それらを作品化した『ガストでもロイホでもラブホでもいいよ』が第17回学生CGコンテストの最終ノミネートに残り、話題となった。

大島智子

大島智子

「パルコでもロイホでもラブホでもいいよ」と掲げられた本展示では、渋谷をテーマにした書き下ろし新作に加え、これまでに手掛けたイラスト、漫画、映像などが展示される。さらに会期中には、ライブペインティングやトークイベント等も行われるとのこと。

また、同11月には初の作品集の発売も決定。大島とゆかり有る泉まくら、禁断の多数決、宇宙ネコ子の書き下ろし楽曲CD付きとなっている。

イベント情報
大島智子 個展『パルコでもロイホでもラブホでもいいよ』
 
会場:GALLERY X BY PARCO(渋谷区宇田川町13-17)
期間:
2017年11月10日 (金)~2017年11月19日 (日)
11:00-20:00 入場料無料
主催:株式会社DLE / 術ノ穴 / 株式会社パルコ
特設サイト:  http://demoiiyo.tomoko-oshima.com/

 

作品情報
大島智子 初の作品集『Less Than A4』

2017.11/29発売  ※個展内で書籍先行販売予定
定価: 2430円(tax in)

本書では新作の書き下ろし、これまで制作した作品の中から厳選したアートワーク、GIFアニメ、ショート漫画、ラフスケッチに加え、玉城ティナとの対談、黒瀬陽平(カオス*ラウンジ)による批評、泉まくら / 禁断の多数決/ 宇宙ネコ子による書き下ろし楽曲によるCDも収録と、大島智子の世界を凝縮した1冊となる。
シェア / 保存先を選択