”広島を効果的に魅せる”アイデア募る 「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募2017」が広島市現代美術館で開催

ニュース
2017.9.7

「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募2017」が、広島市現代美術館にて開催される。

本公募展は、広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン案を募集し、すぐれた作品を展覧会として紹介するオープン・プログラム。広島の名産品や風土、文化をテーマとし、デザインの観点から発展させた新たな「広島ブランド」のアイデアを募集する。既存の名産品を(再)ブランディングするような案、あるいは、新たなモノ・コトのデザインを通して、広島の暮らしや物づくりから新たな魅力を引き出すような案など、そのアプローチは問わないという。

募集期間は、2017年10月1日(日)~ 11月30日(木)の2か月間。審査を通過した入選作品は、2018年2月17日(土)~3月4日(日)にかけて広島市現代美術館にて展示がされる。なお、公募展の特別審査員は、川上典李子(デザインジャーナリスト)、藤森照信(建築家・建築史家)、皆川 明(デザイナー)がつとめる。

イベント情報
ゲンビ「広島ブランド」デザイン公募2017展
 
会期:2018年2月17日(土)~3 月4 日(日)
会場:広島市現代美術館地下1階ミュージアムスタジオ
入場無料
詳細:https://www.hiroshima-moca.jp/h-brand/index.html
シェア / 保存先を選択