!!! (CHK CHK CHK)やSuchmosなど『朝霧JAM2015』1日目のアクトをレポート

SPICER
!!! (CHK CHK CHK)

!!! (CHK CHK CHK)

画像を全て表示(5件)

14:00  The fin.

The fin.のライブの様子 撮影=久保真

The fin.のライブの様子 撮影=久保真

 

2015年の朝霧JAM、Moon ShineステージのトップバッターはThe fin.。
今世界的にも注目されている、神戸在住の4人組インディーバンドだ。

Uchino(Vo)の「こんにちは、The fin.です。朝霧JAMはじまるよ。」の一言から朝霧JAMがスタート。「Illumination」など彼らの定番曲が繰り出されるたび、遠目から様子を見ていた人々も、続々とステージの前に集まり、ゆったりとした心地よいサウンドに体を揺らしはじめる。

集まった観客とその風景に「富士山を見ながら歌うの最高。」とUchinoが思わず一言。

次々と曲を披露していく中、「MTV VMAJ 2015」最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞にノミネートされた「Night Time」では洗練されたハーモニーで観客を魅了。
最後に「Glowing Red On The Shore」でドリーミな音を紡ぎ出し、まるで白昼夢のような時間に、集まった人々は酔いしれた。

心地よい2日間が過ごせそうな、朝霧JAMにふさわしいスタートとなった。

15:15 Suchmos

suchmosのライブの様子 撮影=久保真

suchmosのライブの様子 撮影=久保真

だんだんと気温が下がり、肌寒く感じてきたところMoon ShineステージではSuchmosのサウンドチェックがはじまる。2曲ほどサウンドチェックを行っている間も、すでにステージに多く集まっている観客たちは手や足、体で思い思いにリズムをとり彼らの音を楽しむ。

再び登場した6人。波の音が会場内に響く中「山だけどいい波見にきたので、よろしくお願いします。」とYONCE(Vo)が述べ、1曲目の「Pacific」では会場後方の人々までゆらゆらと体を揺らし山のふもとに波を作り上げた。

次々と披露されるグルービーな曲の連続に観客たちを高揚させていく。

「ライブやるためだったらどこへでも行くんで。このフェス最高です。」と述べたYONCEはその後の「Miree」でその思い歌詞に置き換え、観客を大いに沸かせた。

そして最後はいい波を作り上げた観客に感謝の気持ちを伝えつつ、「Life Easy」でアーバンでメロウなナンバーで締めくくった。

18:40 THE GO! TEAM

THE GO! TEAMのライブの様子 撮影=山岡美香

THE GO! TEAMのライブの様子 撮影=山岡美香

 

4年ぶりの来日を果たしたThe Go! Team。
前回は震災直後で落ち込み気味な気分を明るくしてくれた。

今年3月にリリースされた4thアルバムはとにかくメロディの良さが光るアルバムだが、今日のライブは、テレビでおなじみの代表曲「T.O.R.N.A.D.O」「Get It Together」から、新アルバム屈指の名曲「The Art Of Getting By」まで、ヒップホップ寄りの曲と新曲のバランスが良く、現時点でのThe Go! Teamのベストな選曲になった。

メインボーカルNinjaのパフォーマンス(キレッキレのダンスに、「オンナノコ!オトコノコ!」コールアンドレスポンス、マイク縄跳び!)に、一瞬で虜になったお客さんも多いと思う。

曲ごとに楽器を入れ替える方式も見ているだけで楽しい。
もしかしてメンバーと楽器の組み合わせで同じパターンはないんじゃないかというくらいの入れ替わり立ち替わりっぷり。

フジロックでまた見られるのを期待していたが、カラフルなステージ装飾との相性の良さも含めて、今回朝霧JAMで見られて本当に良かった。

今度は4年と言わず、近いうちにまた戻ってきてほしい。

20:30 !!! (CHK CHK CHK) 

!!! (CHK CHK CHK)のライブの様子 撮影=山岡美香

!!! (CHK CHK CHK)のライブの様子 撮影=山岡美香

 

20時半を過ぎ、一段と寒さを増した朝霧に、
昨夜東京でオールナイトライブを行ったばかりの!!!が登場。
リリースされたばかりの最新作を中心に朝霧アリーナをダンスフロアに変えた!

新アルバム「As If」よりバンド史上最もキャッチ―な曲「Every Little Bit Counts」を2曲目に披露し、序盤から加速度的な盛り上がりを見せる。

「As If」からの曲を中心に、「Must Be The Moon」や「Yadnus」など過去の定番曲も含めた、分厚い低音が響く楽曲群に、ボーカルのニックによるキレのあるダンス(ひげダンスからの決めポーズはサタデーナイトフィーバー!)が乗るという、彼らのライブの真骨頂が炸裂した約90分間だった。

ニックはこの寒さでもやはり短パンに半袖!こちらも負けじと踊っているうちに寒さが気にならなくなって、ライブが終わる頃には寒かったことなど忘れていた。

「みんなのおかげでファニーなショーになったよ!」とニックは言っていたが、その言葉そのまま返したいと思う。

 

文=山岡美香(The Fin./Suchmos)、久保真( THE GO! TEAM/!!! (CHK CHK CHK)

イベント情報
It's a beautiful day ~Camp in 朝霧Jam​

日時:2015年10月10日(土)、11日(日)
会場:静岡・朝霧アリーナ
出演者:
【10日】!!! / Dachambo / THE GO! TEAM / GLIM SPANKY / OGRE YOU ASSHOLE / DARKSTAR / The fin. / MALA & COKI -Digital Mystikz / 七尾 旅人 / Suchmos / Young Juvenile Youth

【11日】 cro-magnon / Flo Morrissey / Rafven / サニーデイ・サービス / SPECIAL OTHERS / トクマルシューゴ / 本門寺重須孝行太鼓保存会 / H ZETTRIO / Kan Sano / Kindness (DJ set) / 光風&GREEN MASSIVE / Sam Prekop with Archer Prewitt  (The Sea and Cake) / T字路s 

シェア / 保存先を選択