ガチすぎる!国宝・松江城を攻め落す、リアル攻城戦ツアー『鷹の爪団のSHIROZEME(しろぜめ)』

SPICER
 (C) 2015 DLE Inc.

(C) 2015 DLE Inc.

画像を全て表示(6件)

丸太で城門を打ち破り、弓矢から身をかわせ!ガチすぎる城攻めイベント

11月14日、島根県松江市の国宝・松江城を使ったリアル城攻めツアー「鷹の爪団のSHIROZEME(しろぜめ)」が開催される。

松江城は現存する12天守で唯一の正統天守閣で、今年7月に正式に国宝に指定されたばかり。慶長16年(1611年)に関ヶ原で功のあった大名・堀尾吉晴が5年の歳月をかけて完成させた。日本さくら名所100選や都市景観100選、そのほか旅行口コミサイト・トリップアドバイザーによる「行きたい城」の第3位にも輝いており、城ファンだけでなく一般の旅行者にも親しまれている。

「鷹の爪団のSHIROZEME(しろぜめ)」は、そんな日本屈指の重要な城を戦国時代さながらの方法でリアルに攻め落とす、日本初の「エンタテンメント型攻城戦ツアー」だという。この恐ろしい企画を推し進めるのは、映画やTOHOシネマズのマナームービーでおなじみのFlashアニメ「秘密結社 鷹の爪」を手掛ける株式会社DLE。参加者は実際に甲冑を着込み、戦国時代にどのように兵たちが戦ったかを体感することになるという(※甲冑は手作り可。なしでの参加も可能)。いったい、何が彼らを城攻めに駆り立てるのか…そんな疑問はさておき、イベントに用意されているバリエーション豊かなアトラクションをご紹介しよう。


■「大手門破り」まずは入り口を打ち破れ!

(C) 2015 DLE Inc.

(C) 2015 DLE Inc.



参加者の前に最初に立ちはだかるのは、城の入り口たる「大手門」だ。参加者は、武者隊長(インストラクター)の説明と号令を受け、攻城兵器「丸太(台車付き)」を使って攻略を目指す。左右の石垣からは、やじりがスポンジで加工された矢が飛んでくるぞ。まずは、ここを打ち破らねば何も始まらない!なお、アトラクションは松江城の大手門付近に、当時そのままの大手門を再現して行われる。


■「弓打ち体験」外敵めがけ矢を放て!

(C) 2015 DLE Inc.

(C) 2015 DLE Inc.



参加者は二の丸上の段から馬溜(ほぼ正方形の平地)にある的をめがけ矢を放つアトラクション。城壁上部にある小さな穴を狭間(さま)といい、戦国時代にはここから弓や銃や熱湯を放って外の敵を攻撃したという。ここで使用される矢もスポンジ仕様なので、万が一人に当たっても危害はない。観覧席と攻城戦エリアにも十分な距離があるので安心だ。敵を近づけないために、外敵にどんどん矢を命中させよう。


■「石落とし体験」迫りくる忍者を撃退せよ!

(C) 2015 DLE Inc.

(C) 2015 DLE Inc.



参加者は武者隊長の指導のもと、二の丸上之段にある櫓から石を下に落とすことになる。イメージ図には忍者が描かれているが、当日はマネキンを石垣の下の地面に設置する予定。袴型の裾から石を落とし、迫りくる敵を一網打尽にせよ。


■「行天橋石垣上り」攻城兵器で突き進め!

(C) 2015 DLE Inc.

(C) 2015 DLE Inc.



参加者は兵器を使って石垣を目指し、飛んでくる矢で防御しながら進む。攻城兵器・行天橋(はしご車)を使い、そびえ立つ石垣を乗り越えよう。

すべてのアトラクションは実戦を想定したものだが、参加者、松江城、双方に危険が及ばないよう安全面に十分な配慮がなされているのがわかるだろう。このほかにも、大人数のチャンバラを体験できる「白兵戦」、城の守り手として内外を警備するアドベンチャー「混成守備隊」など、戦国時代をできうる限り再現・検証するアトラクションが盛りだくさんだという。

(C) 2015 DLE Inc.

(C) 2015 DLE Inc.



「鷹の爪」を代表するキャラクター・吉田くんが紹介するゆる~いイベントガイドも公開中。加えて、プロモーションムービーもお披露目されているので、予習がてら確認しておこう。

 

同イベントは「先人達の知恵の結晶である『城』を単なる展示物とせず、壮大な歴史体験学習の場として開放したい」「恒常的なイベントとし、地域活性化につなげたい」という、熱い思いから企画されている。さらなる地域貢献を目指すべく、クラウドファンディングサイト「Makuake」では運営資金を募集中。支援者には、金額に応じてオリジナルグッズやイベントで使える甲冑などのリターンが設けられているので、我こそはという方は是非応募しよう。

■Makuake:戦国時代の城攻めが蘇る!松江城であなたも侍に!『鷹の爪団のSHIROZEME』 URL:https://www.makuake.com/project/shirozeme/
 

「リアル城攻め」というコンセプトは、一見すると馬鹿げているが、その根底には地域貢献と島根県に対する真剣な思いが隠されていたのである。「秘密結社 鷹の爪」は、劇場版の舞台やネタなどに自虐的な「島根ネタ」を盛り込む作品として知られているが、今回の「SHIROZEME」ツアーはいつにもまして真剣さが全面に出たもの。果たして産みの親であるFROGMANは何を思い、この計画に踏み切ったのか?

SPICE編集部は、そんなFROGMANへのインタビューを近日に敢行予定だ。乞うご期待!

イベント情報

「鷹の爪団の SHIROZEME」

■開催時期:2015年11月14日(土)
■時間:10:00 ~ 17:00 (開会宣言:11:30からメインステージにて)
■開催場所:松江城および周辺施設と周辺エリア
■開催内容:参加者、観光客、松江市民、島根県民が、遊んで学べる歴史プログラムを展開
1.城攻めを体験する:大手門破り・行天橋石垣登り・戦国アドベンチャーツアー「選抜斥候隊」・白兵戦(チャンバラ合戦)・弓打ち体験・石落とし体験
2.松江城を知る:堀川遊覧船ツアー・天守閣記念撮影
3.歴史を見る学ぶ
[ステージイベント] 戦国お城トークショーほか
[出展ブース] 甲冑作り体験・戦国にまつわるゲームコーナー・物産展・飲食ブースほか
4.城下町を探訪する:甲冑仮装ウォークラリー・商店街特割ショッピング・お茶会/和菓子作り
※イベントの内容は一部変更になる場合がございます。

■参加料 1DAYパス(イベント参加者):大人(中学生以上)5,000円、小学生 3,500円(税込)
■公式サイト URL:http://shirozeme.com
■チケット購入方法:公式サイト上で発表
■主催:ディー・エル・イー、松江市
■共催:島根県、山陰中央テレビジョン放送
■協力:松江武者応援隊、NPO法人松江ツーリズム研究会、松江商工会議所、松江旅館ホテル組合、他
※備考:収益の一部を松江市と協議し、全国のお城を守る団体や協会等へ寄付致します。

 
シェア / 保存先を選択