なばなの里イルミでハイジと夢のコラボが実現!


国内最大級を誇る、なばなの里のイルミネーションが、今年も開催中だ。毎年注目を集めるテーマエリアのイルミには、なんとアニメ「アルプスの少女ハイジ」の世界が出現!その他、定番となった「光のトンネル」をはじめ、バージョンアップした水上イルミネーション「光の大河」やツインツリー、新登場となる光のトンネル「青の世界」など、見どころが満載!

最新のLED技術はもちろんだが、時間と手間を掛けた電飾の取り付けや、やわらかで広がりある灯りの演出など、徹底したこだわりが生むきらびやかな世界に酔いしれよう。

約2万6400平方メートルのテーマエリアには、雄大なアルプス山脈や名峰マッターホルン、アルムの麓に輝く緑と花畑などが、四季の移ろいと共に壮大なイルミネーションで再現される。もちろん、元気一杯のハイジや山羊飼いのペーターなど、アニメでおなじみのキャラクターにも出会える。なかでも、アルプス山脈とマッターホルンは、なばなの里史上最大を誇る、高さ約35m、横幅約120mという巨大スケールで登場。目の前に広がるスイスの大自然に、圧倒されること間違いなし!

なばなの里イルミの見どころは、テーマエリアだけではない。これまで、木曽三川の優美な川の流れを演出してきた国内最大級の水上イルミネーション「光の大河」が、今年はバージョンアップ!水の流れる様子がより分かりやすく、より躍動感あふれる演出になった。約10分間のプログラムでは、四季の移ろいや神秘的な自然現象なども色鮮やかに再現。BGMに合わせ、約640億色の演出が可能な最新LEDで、多彩な大自然の美しさが描かれている。

さらに、100mの光のトンネルに「青の世界」も新登場。スカイブルー、パステルブルー、コバルトブルーの3色青色LEDが、ゆっくりと変化することで、大自然の青を表現する。ひとたびトンネルの中に入れば、まるで大空や水中を遊泳しているようで、一面青色の幻想的な世界が堪能できる。他にも、なばなの里イルミを一躍有名にした、全長200mの「光のトンネル」が登場。年々進化を遂げる、なばなの里のイルミネーションから、今年も目が離せない!【東海ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択