山手の丘でクリスマスめぐり!今年は7館で7つの国のクリスマス「横浜山手西洋館 世界のクリスマス2015」

SPICER

画像を全て表示(5件)

横浜山手地区を彩る、ヨーロッパのクリスマス

横浜山手地区の西洋館では12月1日(火)から25日(金)までの間『横浜山手西洋館 世界のクリスマス2015』を開催する。このイベントは横浜山手地区に7館存在する西洋館を利用し、ヨーロッパ各国の家庭の部屋に見られるクリスマス風景に彩られる。


今年はオーストラリア、イギリス、ドイツ、オーストリア、カナダ、ウクライナ、フランスのクリスマスを7カ国のクリスマス文化が紹介される。


”ブラフ18番館”ではフランス共和国の家族みんなで家の中ですごすというクリスマスの食卓が演出される。”外交官の家”は本来であれば1月7日に祝うとされるウクライナのクリスマス風景がセッティングされている。”ベーリック・ホール”はカナダのクリスマス、カナダウッドを使ったナチュラル志向のクリスマスが表現されている。”エリスマン邸”にはオーストリア共和国のクリスマスセッティングがされており、ウィーン、ザルツブルク、インスブルックのクリスマスを演出している。金銀で創る煌めきの花をちりばめたテーブル装飾やインテリアが配置されており、ハプスブルク帝国の女帝マリアテレジア、その娘としてのマリーアントワネット、皇妃エリザベートをイメージした部屋が演出されているということなのでぜひ見ておきたい一室だ。”山手234番館”ではドイツ連邦共和国のクリスマス、コンセプトは”ドイツマイスター家族のクリスマス”であり、約170のマイスター資格が存在するというドイツのテーブルウェアー、カトラリーを作るマイスター家族のクリスマスをイメージした装飾がされている。”横浜市イギリス館”ではイギリスの伝統的なイングリッシュガーデンの原形と言われているコッツウォルズ地方のなだらかな丘や散歩道の風景をもとに純朴でメルヘンチックなクリスマスを演出したセッティングとなっている。”山手111番館”ではオーストラリアのあたたかい夏のクリスマスを表現、オーストラリアン・ワイルドフラワーをふんだんに使用したセッティングがされている。

また夜には各館を彩る「イルミネーション」や12月19日(土)限定でイタリア山庭園を幻想的な光で包む「キャンドルガーデン」も開催される。

ヨーロッパ各国のクリスマス風景を現地に行かずとも見ることが出来るこのイベント、ぜひ大切な人を誘ってこの季節にしか体感できない横浜山手地区を散歩してみてはいかがだろうか。

 
イベント情報
横浜山手西洋館 世界のクリスマス2015

日時:2015年12月1日(火)~2015年12月25日(金)
※キャンドルガーデン 2015年12月19日(土)19:00~

会場:横浜 山手西洋館 各館(入場無料)

主催:公益財団法人横浜市緑の協会
お問い合わせ:山手111番館
(電話:045-623-2957 FAX:045-623-2957 Mail:yamate111@hama-midorinokyokai.or.jp)

公式ウェブページ

シェア / 保存先を選択