蜷川実花の大規模回顧展、新作含む約480点展示

ニュース
2015.11.25
 ©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

『蜷川実花展』が、11月28日から新潟・新潟県立万代島美術館で開催される。

今年で制作活動20周年を迎える蜷川実花。1月から5月にかけて東京・品川の原美術館で行われた『蜷川実花:Self-image』展をはじめ、国内外で数多くの展覧会を開催しているほか、2020年に開催される『東京オリンピック・パラリンピック』競技大会組織委員会の理事を務めるなど幅広い活動を続けている。

『蜷川実花展』は、約480点の作品を9つのパートで紹介する回顧展。色彩鮮やかな花や桜を捉えた代表的な作品群や、アイドルや俳優のポートレート、東京のアンダーグラウンドカルチャーを捉えた『TOKYO INNOCENCE』、極彩色の世界に隣り合わせる暗部に目を向けた『noir』、モノクロームのセルフポートレート『Self-image』に加え、新潟・長岡の花火に触発されて取り組んだ新作も展示される。

※記事掲載時から作品点数が変更になりました

 

イベント情報

『蜷川実花展』

2015年11月28日(土)~2016年2月28日(日)
会場:新潟県 新潟県立万代島美術館
時間:10:00~18:00
休館日:11月30日、12月14日、12月28日~1月2日、1月12日、1月18日、2月1日、2月15日
料金:一般1,000円 大・高校生800円
※中学生以下無料、障害者手帳および療育手帳をお持ちの方は無料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択