「野鳩」が公式ホームページで“解散”声明

SPICER
「野鳩」公式HPより

「野鳩」公式HPより

去る11月27日に「SPICE」が「解散」をスクープした劇団「野鳩」。しまおまほ氏が次回新作公演のインタビューを劇団主宰者・水谷圭一氏に行おうとしたところ、不意打ち的に水谷氏から飛び出した言葉だった。この報せは小劇場好きの間に少なからず波紋を投げかけた。これを受けて、このほど同劇団の主宰者・水谷圭一が、劇団公式ホームページにおいて、正式に「解散」声明を発表した。

それによると、今回解散の理由は「劇団の寿命がきた」ことを悟ったためという。そして、解散文を書くのは今回が初めてではなく、実は三度目となることも吐露している。まず最初は数年前の活動休止時期中においてだったが、それはナカゴーとの合同公演を機に劇団活動を再開することになったので、世に出す必要がなくなった。二度目は再開直後、永続的活動の困難さを考え解散声明を書き始めたが、活動維持に向けた劇団員の協力を得られることとなり、その必要がなくなったとのこと。その流れからすると、今回は解散を翻意させる強力な出来事が周辺から全く起こらなかったのだろうと考えられる。

「野鳩」は、派手さには欠けるがユニークで興趣のある表現を追求してきただけに、一部のファンからは劇団のなくなることが残念がられている。2016年2月25日(木)から4日間おこなわれる最終公演は、これまでの集大成的な公演になると思われ、これまでのファンにとっても、また未見のシアターゴーアーにとっても、「見納め」しておくに値する舞台といえるのではないか。

公演情報
野鳩 『野鳩』
下北沢 駅前劇場
2016年2月25日(木)〜28日(日)
作・演出:水谷圭一
野鳩オフィシャルサイト:http://www.nobato.net/
シェア / 保存先を選択