古代にタイムスリップ!吉野ヶ里遺跡ライトアップ


吉野ヶ里歴史公園(佐賀県神埼郡)は12月12日(土)から23日(祝)の土・日・祝日に、「吉野ヶ里 光の響」を開催する。

約86.7万平方メートルもの広大な敷地を誇る同公園は、遺跡から弥生時代の風景を再現したもので、竪穴住居、高床住居、物見櫓、高床式倉庫などが復元されている。

同イベントは、1年で最も昼が短い冬至の時期に行われ、吉野ヶ里歴史公園が、光と炎で美しくライトアップされる。期間中、毎日打ち上げられる花火「スターマイン」や、熱気球が夜空に浮かび上がる「ナイトグロー」など、イルミネーション以外も見どころがたくさんある。さらに、公園レストランでは期間限定メニューも登場する。

また、12月19日(土)・20日(日)の2日間は、同公園内の「市の広場」をメイン会場にした熱気球の競技大会「吉野ヶ里ウィンターバルーンフェスタ」も開催される。上空をカラフルな熱気球が舞うさまは圧巻だ。【福岡ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択