夜も滑れる“屋外スケートリンク”がとしまえんに登場

ニュース
2015.12.16


練馬区のとしまえんで、首都圏最大級の「屋外アイススケートリンク」が12月12日にオープン。

■ 初心者教室を開催

としまえんの真ん中にある「それいゆ広場」に、2016年2月29日(月)までの冬季限定で設置された屋外スケートリンク。昼間はアトラクションに囲まれながら青空の下で、イルミネーション開催日の夕方からは、スケートリンク周辺が光輝く幻想的な空間へと変わるナイタースケートを楽しむことができる。リンクは何度でも再入場でき、遊園地とスケートの両方で遊ぶことも可能だ。

初心者や初めてチャレンジする人にオススメなのが、東京都スケート連盟の派遣指導による基礎から学べる4日間の「短期スケート教室」(初級クラス6000円、平日初級クラス5000円、要予約)。2016年1月の毎週土曜には、女子アイスホッケーチーム「SEIBUプリンセスラビッツ」の選手による無料の初心者向けスケート教室も実施される(当日申し込み。先着順30名程度。1月2日(土)は除く)。親子での参加もOKで、参加者には選手の限定オリジナルフォトカードがプレゼントされる。

また今年は、音楽とともにカラフルな光をスケートリンクの床面に投影し、一定時間ごとに繰り広げられる「光のアイスカーニバル」も登場。

さらに園内では、カラフルな大型ランタンとシャンデリアを使ったイルミネーションを開催中。回転木馬カルーセルエルドラドを囲む「ランタン広場」や、正門から園内へとつながる約120mのメインストリート「シャンデリア・ロード」、約1万2000球のLED電蝕で輝く「シンボルツリー」などが夜の遊園地を盛り上げる。

この時期にしか楽しめない、夜のアイススケートとイルミネーションを体験してみよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択