長瀬智也が神木隆之介に「歌ってみろ!」と鬼指導!?

SPICER
『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が「PARCOグランバザール」と夢のコラボ!

宮藤官九郎監督の最新作であり、長瀬智也・神木隆之介が出演する映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』が、2016年2月6日(土)から全国公開される。これに先がけて2016年1月1日(元日)より開催される、冬のバーゲンセール「PARCOグランバザール」と本作がコラボすることが決定、「鬼買いしようぜ!」をコピーに、キラーK(長瀬智也)と関大助(神木隆之介)が出演するCMとポスターが、パルコグランバザールオフィシャルサイトにて公開される。

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は、不慮の事故で17歳にして命を失った高校生・大助が地獄に落ち、そこで出会ったロックバンドを率いる赤鬼のキラーKから地獄のしくみを学び、片思いの相手・ひろ美ちゃんとキスするために現世へのよみがえりを目指して大奮闘するのだが―。

地獄専属ロックバンド“地獄図(ヘルズ)”のボーカル&ギターで、地獄農業高校の軽音楽部顧問の赤鬼・キラーKを演じるのは、7年ぶりの映画主演となる長瀬智也。17歳という若さで地獄に落ち、大好きなクラスメイトへ会いたい一心でキラーK とよみがえりを目指す高校生・大助を演じるのは神木隆之介。さらに、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘(※外字の舎官)寛治、皆川猿時、古田新太、宮沢りえら豪華キャストも出演している。

CMでは「歌ってみろ!」(キラーK)「パルコアラ~」(大助)「ぜんぜん違う!」(キラーK)と、映画さながらの掛け合いでスタート。おなじみのパルコアラソングを、本作の主題歌を手掛けた元THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONOが激しくアレンジし、“地獄図(ヘルズ)”のボーカル&ギター、キラーK(長瀬智也)が、ハードに歌いあげるという。また、いつもはかわいいパルコアラも今回だけは地獄の鬼コアラと化し、激しくヘドバンしながら出演するCMにご注目!

ポスターは12月26日(土)~1月17日(日)にパルコ館内で掲示される予定。そしてCMは関東地区にて12月29日(火)から1月4日(金)まで放映予定だ。

※本作の監督、宮藤官九郎に先日インタビューを実施しました!後日その模様をお届けいたします。

※本作の公開は延期となりました。

上映情報
映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』

■公開:2016年2月6日(土)より全国公開
監督・脚本:宮藤官九郎
出演:
長瀬智也、神木隆之介
尾野真千子、森川葵
桐谷健太、清野菜名、古舘寛治、皆川猿時、シシド・カフカ、清
古田新太
宮沢りえ
公式サイト:http://tooyoungtodie.jp/

 

シェア / 保存先を選択