ヴェンダースら6監督が建物の「声」を聞く記録映画、劇場公開

 ©Wim Wenders

©Wim Wenders

ヴィム・ヴェンダースが製作総指揮を務めるドキュメンタリー映画『もしも建物が話せたら』が、2月20日から東京・渋谷のアップリンクほか全国で順次公開される。

WOWOWによる『国際共同制作製作プロジェクト』として製作された同作。昨年の『ベルリン国際映画祭』『東京国際映画祭』で上映され、今年5月にWOWOWで放送された。「もし建物が話せたら、どのような言葉を語りかけるのだろうか」という疑問をテーマに据え、ヴェンダースを含む6人の監督がそれぞれ思い入れのある建築物を取り上げ、その「声」に迫るオムニバス映画になっている。

ヴェンダースはドイツのベルリンフィルハーモニー、ロバート・レッドフォードは自身が11歳の時にかかったポリオのワクチンを開発したアメリカのソーク研究所、マイケル・マドセンはノルウェーのハルデン刑務所、マルグレット・オリンはノルウェーのオスロオペラハウス、カリム・アイノズはフランスのポンピドゥーセンター、ミハエル・グラウガーはロシア国立図書館をモチーフに選んでいる。

 
 

作品情報

『もしも建物が話せたら』

2016年2月20日(土)からアップリンクほか全国順次公開
監督:ヴィム・ヴェンダース、ミハエル・グラウガー、マイケル・マドセン、ロバート・レッドフォード、マルグレート・オリン、カリム・アイノズ
配給:アップリンク

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択