『垣根の魔女』初日開幕、久本雅美×錦織一清アフタートークショーのコメントが到着「久本さんがいる芝居は自動的に面白くなる」

ニュース
舞台
2023.4.21
久本雅美 (c)松竹

久本雅美 (c)松竹

画像を全て表示(5件)

大阪松竹座にて4月21日(金)に、大阪松竹座開場100周年記念『垣根の魔女』が開幕した。初日終演後、渋谷天笑を司会に、主演の久本雅美と演出の錦織一清によるアフタートークが実施され、そのコメントが到着した。

『垣根の魔女』 (c)松竹

『垣根の魔女』 (c)松竹

原作は、1979年に小学館にて発行された村野守美 作のコミック。舞台を昭和から現代の大阪の下町に移し、世話好きのミドリ婆さんが、個性豊かなキャラクターたちの様々な悩みに首を突っ込みながら次々と解決していく物語となっている。 主役で口うるさくおせっかいな「ミドリさん」を久本雅美が演じ、演出は、『毒薬と老嬢』や『サラリーマンナイトフィ ーバー』を手掛けた錦織一清。 

左から渋谷天笑、室龍太、久本雅美 (c)松竹

左から渋谷天笑、室龍太、久本雅美 (c)松竹

左からラサール石井、大和悠河 (c)松竹

左からラサール石井、大和悠河 (c)松竹

天笑:初日終わってたところですが、まずは今日の感想をお願いします。

久本:温かいお客さまに背中を押していただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。明日からも頑張ろうって力もらいました。ありがとうございます。

錦織:後ろの席で楽しませていただきました。久本さんがいる芝居は自動的に面白くなるからありがたいんですよね。そして今日、ここにいるお客様のおかげで舞台が完成しました。

天笑:お二人のタッグは今回で4回目なんですよね。

久本:錦織さんはずっとエンタメの世界にいらっしゃる方。心から信頼してますし、安心感抜群の演出家さんです。そしてあきらめない。今日初日が開きましたが、これからもどんどん進化していくと思いますので、皆さま、何度でも観にきてください。

錦織:今回、久本さんはご自身でもいっぱいアイデア出してくださいましたよね。笑いの部分だけじゃなくて。今月は30日までここ大阪松竹座ですが、その後山口、福岡、熊本、静岡でも上演しますので、是非それぞれの場所で自由に楽しんでいただけたらと思います。宜しくお願いします。

左から久本雅美、錦織一清 (c)松竹

左から久本雅美、錦織一清 (c)松竹

大阪松竹座での千秋楽公演のチケットは4月22日(土)まで、イープラスにて販売中。SPICEでは久本雅美と錦織一清の対談も掲載しているので併せてチェックしてもらいたい。

公演情報

大阪松竹座開場100周年記念『垣根の魔女』
■会場:大阪松竹座
■日程:2023年4月21日(金)~4月30日(日)
■原作:村野守美、演出:錦織一清
■出演:久本雅美、 室龍太、渋谷天笑、大和悠河、洋あおい、ラサール石井、笠原章

<全国公演>
5月1日(月) 宇部市渡辺翁記念会館 (山口県)
5月4日(木・祝) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール (福岡県)
5月6日(土) 天草市牛深総合センター(熊本県)
5月13日(土) 富士市文化会館ロゼシアター大ホール (静岡県)

関連記事

「喜劇が一番むずかしい」久本雅美×錦織一清インタビュー 大阪が舞台の人情コメディ『垣根の魔女』会見には室龍太、大和悠河、ラサール石井も
2023年に開場100周年を迎えた大阪松竹座。アニバーサリーイヤーを多彩なラインナップで寿ぐ中、4月21日(金)より30日(日)まで『垣根の魔女』が上演される。主演は久本雅美。演出は錦織一清。1979年に発刊された村野守美の同名漫画が原作だ。久本と錦織に、松竹座の思い出、本作の魅力、喜劇のむずかしさについて話を聞いた。製作発表会見の模様とともにレポートする。
シェア / 保存先を選択