石炭の「レコード盤」を踏んで音を聴く、藤本由紀夫の個展

 copyright the artist, courtesy to ShugoArts

copyright the artist, courtesy to ShugoArts

藤本由紀夫の個展『Broom(Coal)/ Tokyo』が2月6日から東京・三軒茶屋のシュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリーで開催される。

1970年代に電子音楽を学び、1980年代半ばから日常の中の「音」に着目したサウンドオブジェやインスタレーション、パフォーマンスなどを発表している藤本由紀夫。

同展では、ギャラリーの床に敷き詰めた石炭で「レコード盤」をかたどり、来場者がその上を歩いて生じる音を聴くというインスタレーション『Broom』を展示。『Broom』はこれまでにオーストラリア・パース、ドイツ・ドルトムントでも発表されているが、今回が日本初展示となる。

会期初日には藤本によるトークショーを開催。具体美術協会に所属した作家・村上三郎による「紙破り」のパフォーマンスについて「音」の見地から考察し、藤本が自ら制作に関わった映像を上映する。

イベント情報

藤本由紀夫展
『Broom(Coal)/ Tokyo』

2016年2月6日(土)~3月6日(日)
会場:東京都 三軒茶屋 シュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリー

時間:12:00~18:00
休廊日:月曜~金曜
料金:無料

オープニングパーティー
2016年2月6日(土)16:00~18:00
会場:東京都 三軒茶屋 シュウゴアーツ・ウィークエンドギャラリー

トーク
『入り口・通過・出口ー村上三郎紙破りの話』

2016年2月6日(土)15:00~
会場:東京都 三軒茶屋 SUNDAY奥イベント会場

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択