佐藤B作・銀平親子が舞台初共演!“東京No.1親子”初日レポ&爆笑インタビュー!

SPICER
東京No.1親子(左から)安藤聖、佐藤B作、佐藤銀平、福原充則

東京No.1親子(左から)安藤聖、佐藤B作、佐藤銀平、福原充則


「いつかは息子と共演したい、芸の厳しさをしっかりと教えてやらねばならん!」と思っていた佐藤B作と、「いつかは親父と共演したい、でも厳しくされるのは嫌だな…」と思っていた佐藤銀平が、脚本家・演出家の福原充則との出会いをきっかけに立ち上げた親子ユニット「東京No.1親子」。その第一回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』初日が2016年2月3日(水)、幕を開けた。SPICEでは初日レポートと、出演者全員&作・演出家の爆笑インタビューをいち早くお届けする。


【初日公演レポート】

「自分の奥さんを、親父にあてがおうとする話」 …先日、佐藤B作&銀平の親子が出演した『徹子の部屋』で、銀平さんが明かした『あぶくしゃくりのブリガンテ』冒頭部分。同番組で、親子ともども「女にだらしない」のエピソードをおおいに吐露したあとの言葉だっただけに、作品への下世話な憶測と期待が、一気に広がった…!

この「女大好き親子」が初共演することになったきっかけは、銀平さんが出演していたベッド&メイキングス『南の島に雪が降る』(2014年/作・演出 福原充則)。『南の島…』を観に来たB作さんの“或る部分”(文末のインタビュー動画ご参照のこと)に惹かれた福原さんが仕掛けたものだという。 福原さんの劇世界に惚れた2人は、大喜びでOKしたそうだ。

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

福原作品の特徴は、観る側の生理にリズミカルに、詩的に訴えかける、往年のアングラ劇をホーフツとさせるセリフ回し。また、社会の底辺を泥ごとすくいあげるような筆致。具体的な地名の固有名詞が、ときにハラスメントをまじえた形で役者の口から発せられる可笑しみ。そして何より、役者が魅力的に弾けるように描かれていること。

東京ヴォードヴィルショー座長のB作さん、そしてお父さんの芝居やお父さんも出演していた欽ちゃんのテレビ番組などを見て育ったであろう銀平さん、それぞれの身体に染みついた濃厚な喜劇スピリッツがいかんなく発揮される場面の連続。

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

この愛憎入り乱れた佐藤親子の中に投入された紅一点が、安藤聖さん。かつて劇団、江本純子『常に最高の状態』では天使のようだった聖さん、ハイバイ『おとこたち』では、処女デリヘルで働いていた聖さん…これは、処女のいけにえではないか?!  はたして、そんなシーンがあるのかないのかは直接に劇場でお確かめいただくとして、聖さん、ドブの町に降臨する聖なる輝きで作品をギュッと引き締め、序盤・終盤の歌うような長ゼリフも見事だった。男性客ならずとも惚れてしまう!

『あぶくしゃくりのブリガンテ』の「あぶくしゃくり」とは、福原さんいわく、「あぶくという手に残らないものをしゃくり続けること」、そして「舞台役者とはそういう存在」。3人の俳優がさまざまな役を演じ分ける熱量は、まさに東京No.1のあぶくしゃくりたち。

東京No.1親子 第一回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

東京No.1親子 第一回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

舞台上では、あたかも銀平さんへの「俳優修業」が行なわれているようにも感じられた。『徹子の部屋』ではB作さんが、銀平さんを俳優にするにあたって行なった過保護な根回しを自ら暴露していたが、今作では子どもを突き放しきれなかった父親から、そして作・演出家から、さらに聖さんからも、
二世の立場に甘えるな!
大きすぎる父親の存在に、立ち向かってこいよ!
花を咲かせるまで踏みつぶしてやるから、そこから這い上がって来いよ!

と銀平さんが叱咤されているように見えた。

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

実際、銀平さんが心身ともに鍛え上げられるような場面が山ほど用意されており、最終的には「うわ~~」と声が漏れるほど。というか、出演者全員が体力の限界を超えるほどの熱演を全編で繰り広げている。1日1回公演と聞いて、「わかる!」としか言いようがない。

泥水すすって、踏みつぶされて、
いつか親父を超える花になれ!
きれいできたない世の中を、舞台役者として飛んでいけ!
Rain will make the flowers grow!

※Musical「Les Miserables」劇中ナンバー「A Little Fall Of Rain」より
 

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

東京No.1親子 第1回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』

演劇愛、爆笑、哀しみ、毒、風刺。遊ぶ親子をガッツリ受け止める聖さん。一瞬の退屈も許さないあぶくしゃくりの面々を、完全至近距離で観られる東京No.1親子 第一回公演『あぶくしゃくりのブリガンテ』は2016年2月14日(日)まで下北沢 駅前劇場にて上演中!


【初日ステージ直後、出演者&作・演出への爆笑インタビュー】


 
公演情報
東京No.1親子 第1回公演「あぶくしゃくりのブリガンテ」

■会場:下北沢・駅前劇場 (東京都)
■日程:2016/2/3(水)~2016/2/14(日)
■脚本・演出:福原充則 
■出演:佐藤B作/佐藤銀平/安藤聖
■公式サイト:http://www.t1oyako.com/


シェア / 保存先を選択