来年4月まで運用延長を決定 2.5次元ミュージカル専用劇場

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2016.2.16
SPICE編集部責任による画像掲載(劇場サイトより)

SPICE編集部責任による画像掲載(劇場サイトより)

日本2.5次元ミュージカル協会(代表理事:松田誠氏)は、2015年3月より専用劇場として運用している「AiiA 2.5 Theater Tokyo」(東京都渋谷区)の運用期間を、2017年4月末まで延長することを発表した(その後の運用期間に関しては、決定次第随時発表予定)。

関連リンク⇒ 専用劇場アイア 2.5 シアタートーキョー運用期間延長が決定! 字幕眼鏡、海外向け英語サイト開設等によりインバウンド客も増加

同劇場は、2015年3月からの運用開始後、人気作品が続々上演され、今年の3月までで全25作品が上演された。海外からの集客にも力を入れており、日本国外からチケット購入が可能な英語サイトの充実や、多言語の字幕表示が選択できる「メガネ型ウェラブル端末(スマートグラス)」のレンタル実施も8作品で行われたという。

近年では、同場以外でも2.5次元ミュージカル作品の上演は増え続けており、昨年は100作品超の作品が国内で上演された。

【あわせて読みたい!】
◇ 一般社団法人「日本2.5次元ミュージカル協会」設立発表(14.03/30「制作ニュース」)

◇ 【旧マッスルシアター】渋谷に新劇場「AiiA Theater Tokyo」がオープン(12.09/30「制作ニュース」)

来年4月まで運用延長を決定 2.5次元ミュージカル専用劇場制作ニュースで公開された投稿です。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択