ケラリーノ・ サンドロヴィッチ氏らを選出 文化庁「芸術選奨受賞者」

ケラリーノ・サンドロヴィッチ (撮影:坂野則幸)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ (撮影:坂野則幸)

ケラリーノ・ サンドロヴィッチら受賞、文化庁「平成27年度芸術選奨受賞者」発表

文化庁は9日、平成27年度(第66回)「芸術選奨文部科学大臣賞」および「同新人賞」の受賞者を発表。演劇部門では、ケラリーノ・ サンドロヴィッチ氏(劇作家・演出家)と濱田めぐみ氏(俳優)が大臣賞を受賞した。贈呈式は15日(火)に都市センターホテル(東京都千代田区)で行われ、大臣賞には30万円、新人賞には20万円の賞金が贈られる。

関連リンク⇒ 平成27年度(第66回)芸術選奨受賞者一覧(および各賞受賞理由一覧/PDF)

同賞は芸術各分野で優れた業績を挙げた個人へ贈られるもので、演劇・映画・音楽・舞踊・文学・美術・放送・大衆芸能・芸術振興・評論等・メディア芸術の11部門にて実施。芸術振興部門では、廣川麻子氏(NPO法人シアター・アクセシビリティ・ ネットワーク理事長)が、シンポジウム「より良い観劇システムの構築に向けて、今できること」ほかの活動を評価され、新人賞を受賞している。

<受賞者一覧より>※敬称略
【演劇部門】
・大臣賞:ケラリーノ・ サンドロヴィッチ(『グッドバイ』の成果)
・大臣賞:濱田めぐみ(『スコット&ゼルダ』ほかの演技)
・新人賞:成田達志(能楽師 幸流小鼓方)

【舞踊部門】
・大臣賞:中村祥子氏(バレエダンサー)
・大臣賞:藤間蘭黄氏(日本舞踊家)
・新人賞:山村光(日本舞踊家)

【芸術振興部門】
・大臣賞:日比野克彦(アーティスト)
・新人賞:廣川麻子(NPO法人シアター・アクセシビリティ・ ネットワーク理事長)

 
【あわせて読みたい!】
◇ 最優秀作品賞に『グッドバイ』を選出、「第23回読売演劇大賞」発表(16.02/04「制作ニュース」)
◇ 「意識調査・支援サービス研究」の成果を共有、TA-netシンポジウム|レポート(15.04/14「制作ニュース」)

ケラ氏らを選出 文化庁「芸術選奨受賞者」制作ニュースで公開された投稿です。

舞台制作PLUS+
シェア / 保存先を選択