「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展開催

SPICER
「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展【パナソニック 汐留ミュージアム】

「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展【パナソニック 汐留ミュージアム】

パナソニック 汐留ミュージアムにて「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展が2016年4月9日(土)から6月5日(日)まで開催される。

元サッカー日本代表の中田英寿が現役引退後続けている活動のひとつに、「REVALUE NIPPON PROJECT」がある。この活動は、日本が受け継いできた伝統的な工芸技術の価値や可能性を再発見し、その魅力をより多くの人に知ってもらう「きっかけ」を創出することで、日本文化の継承・発展を促すことを目的としている。

「REVALUE NIPPON PROJECT」では、毎年「陶磁器」「和紙」「竹」「型紙」「漆」といった、ひとつの素材をテーマに選定。それらのテーマを元に、専門家によってピックアップされた工芸家・アーティストがチームとなって、自由な発想で作品を制作していく活動だ。中田はこのプロジェクトの広報を自らつとめている。

本展では、このプロジェクトの中で生まれた日本の工芸作品を展示。工芸家たちの技術力の高さとその作品の美しさを実感できる展覧会となるはずだ。また、関連イベントとして、中田本人も登壇するシンポジウムも開催される予定となっている。日常と密接にかかわっているからこそ、その価値を見出しにくい工芸品の数々を改めて美術品として再認識できるよい機会となるはずだ。中田英寿が出会い、見出した洗練された品々の魅力を肌で感じてみてはいかがだろうか。

 

イベント情報
「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展

会期:2016年4月9日(土)~6月5日(日)
会場:パナソニック 汐留ミュージアム(東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル 4階)
入館料:一般/1,000円、65歳以上900円、大学生700円、中・高校生500円、小学生以下無料、20名以上の団体各100円割引  ※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能。
 

■関連イベント
<シンポジウム>
「REVALUE NIPPON PROJECTと日本工芸の未来」
【出演】パネリスト 見附 正康氏(絵付師)、新里 明士氏(陶磁器作家)、中田 英寿氏(一般財団法人 TAKE ACTION FOUNDATION 代表理事)
【日時】2016年4月23日(土)14時~16時
【会場】パナソニック東京汐留ビル5階ホール
【定員】250名 (要予約)
【参加費】無料(ただし本展の観覧券が必要です。※半券可)
※未就学児はご遠慮ください

<ワークショップ>
1. 竹ワークショップ「竹玉ペンダント作り」
【講師】中臣 一氏(竹藝家)
【日時】2016年4月16日(土)14時~15時30分
【会場】パナソニック東京汐留ビル3階ホール
【定員】15名(小学校4年生以上)(要予約)
【参加費】1,500円

2. 和紙ワークショップ「張子ってなんだろう!~カワイイ豆だるまとネコの張子に絵付けしよう~」
【講師】橋本 彰一氏(デコ屋敷本家大黒屋21代当主)
【日時】2016年5月7日(土)14時~16時
【会場】パナソニック東京汐留ビル3階ホール
【定員】25名(小学校4年生以上)(要予約)
【参加費】2,500円

3. 型紙ワークショップ「伊勢型紙の技法で『しおり』作り」
【講師】内田 勲氏(型紙師)
【日時】2016年5月14日(土)14時~15時30分
【会場】パナソニック東京汐留ビル3階ホール
【定員】25名(小学校4年生以上)(要予約)
【参加費】1,000円

4 .漆ワークショップ「色漆と金粉で飾る オリジナルの箸を作ろう」
【講師】奥窪 聖美氏(漆芸作家)
【日時】2016年5月28日(土)13時~16時
【会場】パナソニック東京汐留ビル3階ホール
【定員】15名(小学校4年生以上)(要予約)
【参加費】3,000円

▼「REVALUE NIPPON PROJECT 中田英寿が出会った日本工芸」展
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160409/

シェア / 保存先を選択