舞台『真田十勇士』猿飛佐助(勘九郎)の相棒・霧隠才蔵役に加藤和樹が決定。篠田麻里子・浅野ゆう子も参戦

ニュース
2016.3.30
中村勘九郎・加藤和樹・篠田麻里子・加藤雅也・浅野ゆう子

中村勘九郎・加藤和樹・篠田麻里子・加藤雅也・浅野ゆう子


大河ドラマ『真田丸』が話題となり、ちょっとした流行語が生まれたり、CS衛星チャンネルも往年の傑作ドラマ『真田太平記』や『風神の門』を再放送するなど、「真田」ブームが巻き起こっている。そんな中、演劇フィールドから強力なコンテンツの参入してくることが明らかとなった。2014年に日本テレビ開局60年特別舞台として上演された、スペクタクル大作の『真田十勇士』が、2016年9月に再演されることになったのだ。

しかも舞台公演と同時期に、映画の公開と出版化も決定した。映画×舞台×小説というメディアミックスは昨今増えつつあるが、それらを同タイミングで並走させるのは稀有な試みといえるだろう。そして、世間の「真田」フィーヴァーはいよいよ絶頂に達するのではないか。

舞台『真田十勇士』は、2014年の初演&映画版と同じく、堤幸彦が演出を手がけ、マキノノゾミが脚本を担当する。--関ケ原の戦いの際、西軍寄りの行動をしたかどで紀州・九度山に配流された智将・真田幸村。そんな彼を慕って、猿飛佐助、霧隠才蔵ら10名の武勇達人たちが集結する。時代は幕藩体制確立のため豊臣家滅亡を目論む徳川と、秀頼を擁し復興を目指す豊臣が対立を深めゆく中、大坂を舞台に決戦の時が近づいてゆく--。そこに蠢く濃密な人間模様が、壮大な世界観で描かれるのが舞台『真田十勇士』である。

主人公の甲賀忍者・猿飛佐助を演じるのは、2014年の初演から引き続き、歌舞伎に留まらず、映画・ドラマ・CMなど幅広い分野への挑戦を続ける中村勘九郎だ。勘九郎は抜群の存在感と緩急自在の演技力で、パワーアップした猿飛佐助を演じることになる。

また、佐助とともに“真田十勇士”を支える伊賀忍者・霧隠才蔵には、初演と映画版では由利鎌之助を演じた加藤和樹が、新役に挑む。加藤和樹は、4月から上演されるミュージカル『1789』で主演を演じるなど、躍進目覚ましく、卓抜した運動神経とアクション力も評価されての起用となった。

この作品の中で“実は腰抜けの武将だった”という設定の真田幸村の役は、初演そして映画版同様に加藤雅也が演じる。さらに、佐助と才蔵の幼馴染で女忍びとして二人を翻弄する火垂を、篠田麻里子が演じる。篠田は、AKB48卒業後初舞台となる。そして、誰もが気になる、豊臣秀吉の妻にして秀頼の母である淀殿の役には、浅野ゆう子が決まった。適役だろう。

その他、高橋光臣、村井良大、駿河太郎、青木健、石垣佑磨など、舞台初演・映画版より継続して出演するメンバーに加え、荒井敦史、望月歩は映画版からの引き続き組、さらに、栗山航、丸山敦史、山口馬木也ら新規参戦組キャストも決定した。魅力的な役者陣の勢揃いする再演に期待度が高まる。

本作は9月11日に東京の新国立劇場中劇場で開幕後、10月にはKAAT神奈川芸術劇場、兵庫・兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールでも上演する。

 

公演情報
【公演名】舞台「真田十勇士」
【脚本】マキノノゾミ
【演出】堤幸彦
【出演】中村勘九郎、加藤和樹、篠田麻里子、高橋光臣、村井良大、駿河太郎、荒井敦史、栗山航、望月歩、青木健、丸山敦史、石垣佑磨、山口馬木也、加藤雅也、浅野ゆう子 他

 
【東京公演】2016年9月11日(日)~10月3日(月) 新国立劇場 中劇場
【横浜公演】2016年10月8日(土)~10月10日(月・祝) KAAT神奈川芸術劇場
【関西公演】2016年10月14日(金)~10月23日(日)兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

【チケット一般発売日】 2016年6月4日(土):東京公演・横浜公演/ 2016年6月12日(日):関西公演
【主催】 日本テレビ(東京公演・横浜公演)/日本テレビ・読売テレビ・梅田芸術劇場・兵庫県・兵庫県立芸術文化センター(関西公演)
【企画・製作】 日本テレビ

 
<2016年舞台版配役>
猿飛佐助:中村勘九郎
霧隠才蔵:加藤和樹
火垂:篠田麻里子 
筧十蔵:高橋光臣 
根津甚八・豊臣秀頼:村井良大 
三好清海:駿河太郎 
三好伊三:荒井敦史
海野六郎:栗山航 
真田大助:望月歩 
望月六郎:青木健
由利鎌之助:丸山敦史 
仙九郎:石垣佑磨
久々津壮介:山口馬木也
真田幸村:加藤雅也
淀殿:浅野ゆう子

 
◆概要(映画)
監督:堤幸彦
脚本:マキノノゾミ
主演:中村勘九郎
出演:松坂桃李 大島優子 ほか
企画・製作: 日本テレビ放送網
制作プロダクション: オフィスクレッシェンド
撮影時期: 2015年12月〜2016年2月
完成:2016年8月予定
配給:松竹・日活
公開日:2016年9月22日

 
◆概要(小説)
発売:2016年夏  出版社:小学館
シェア / 保存先を選択