『ドラムストラック』がGWにヒカリエに登場

ニュース
2016.4.25
『ドラムストラック』

『ドラムストラック』


体感型ドラムエンターテインメント『ドラムストラック』が来日する。今回で9年連続の来日となる。

『ドラムストラック』は、ジェンベなどアフリカの伝統的な打楽器によるパフォーミング・アート。南アフリカのヨハネスブルグで生まれ、オーストラリア、中国などを経て2005年ショービジネスの本場ニューヨークのオフ・ブロードウェイに進出。「ストンプ」「ブルーマン」の人気を越える演目として大きな注目を浴び、18ヶ月にわたるロングラン公演を達成した。

劇場に足を踏み入れた瞬間、全ての客席に置かれたアフリカンドラムが目に飛び込んで来る。観客ひとりひとりにドラムが一個づつ用意され、出演者たちと一緒にパフォーマンスに参加できるというのが『ドラムストラック』の大きな特徴だ。極彩色の民族衣装に身を包んだ出演者の鍛え上げられた肉体から繰り出されるドラムパフォーマンスは、猛々しくも優雅なダンス、そしてつややかで力強い歌とあいまって、人間技とは思えないほどのスピード感と躍動感に溢れ、観客を圧倒する。見慣れぬ楽器を手にして最初は戸惑う観客たちも、いつしか我を忘れるほどドラム叩きに夢中になり、出演者と一体化してこの舞台に参加した充実感と幸福感に包まれる。

そんな『ドラムストラック』が8月の本番に先立ち、ゴールデンウィークに渋谷ヒカリエ・ヒカリエホールに登場することが決定した。題して『ドラムストラック』ヒカリエバージョン ミニコンサート。5月4日(水祝)、5日(木祝)に渋谷ヒカリエ・ヒカリエホールで開催される。もちろん、200席の客席にはアフリカの打楽器ジェンベが置かれ、みんなで盛り上がれる趣向が待ち受けている。

また、そこでは同時にアフリカン・フェスも開催される。打楽器ジェンベやかわいいアフリカン雑貨、南アフリカ産オリーブオイル、アルガンオイル、シアバター、南アフリカワインなどの販売が行われる。『ドラムストラック』キャストによるジェンベ教室、自分で作ることができるビーズアクセサリー作り体験コーナー、ステージではアフリカのアーティストによるコンサート、「BBC EARTH」サバンナ編の試写など盛りだくさんの催しだ。入場・参加無料。

イベント情報
≪アフリカンフェス開催日時≫
5月4日(水祝).5日(木祝) 11:00~19:00
渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホール
 
≪ドラムストラック出演時間≫
5月4日(水祝) ①14:00~ ②16:00~
5月5日(木祝) ①14:30~ ②16:30~
 
≪アフリカンフェス ステージスケジュール≫

5月4日(水祝)
11:00 オープン
11:30~12:00 『ドラムストラック』ジェンベ教室
12:30~13:00 タブ・ンゴンゴ
14:00~14:30 『ドラムストラック』ヒカリエバージョン
15:00~15:30 グループ DE ラウラウ
16:00~16:30 『ドラムストラック』ヒカリエバージョン
17:00~17:30 カラジュラサンゴイ
17:45~18:45 WOWOW「BBC EARTH」#5サバンナ
19:00 終了
 
5月5日(木祝)
11:00 オープン
11:30~12:30 WOWOW「BBC EARTH」#5サバンナ
12:45~13:15 『ドラムストラック』ジェンベ教室
13:30~14:00 グループ DE ラウラウ
14:30~15:00 『ドラムストラック』ヒカリエバージョン
15:30~16:00 カラジュラサンゴイ
16:30~17:00 『ドラムストラック』ヒカリエバージョン
17:30~18:30 WOWOW「BBC EARTH」#5サバンナ
19:00 終了

出演アーティスト
 
<タブー・ンゴンゴ> 
日本で唯一のアフリカ人アルトサックスプレイヤー。パーカッショニスト、ヴォーカリスト、ソングライター。ケニアでゴールドディスクを受賞した伝説の「Mangelepa」、東アフリカNo.1バンド「Vundumuna」のサキソフォニストとしてアフリカ6カ国及びオマーン、マレーシア、韓国などで演奏した他、バンドのサポートメンバーとしてカナダ、ルーマニアなどでも演奏活動を展開する中、国際的な音楽センスを培う。

 
<グループ DE ラウラウ>
ギニア人パーカッショニスト「ラウラウ・バングーラ」率いる、アフリカンドラム&ダンスグループ。ラウラウの超絶ジェンべプレイに、ドゥンドゥン、
バラフォンのアンサンブルが熱いグルーヴを生み出し、ダンサーによるエネルギッシュなダンス。ステージと観客が一体になり、誰もが笑顔で踊りだしたくなるパフォーマンスは好評を博している。

 
<Kaladjoula Sangoi(カラジュラサンゴイ)>
その昔、グリオ(吟遊詩人)により演奏され、西アフリカの王様が聞いていた優雅で美しいアフリカン・ハープ「コラ」の繊細な響き、そして、何世代にも渡り続いたグリオにより演奏され、伝統的なメッセンジャーの役割をも果たしてきた木琴の原型でもある「バラフォン」の暖かくリズミカルな音色。西アフリカの歴史やたくさんの知恵の詰まった曲を、グリオのマリ人ミュージシャン、ダラマン・ジャバテ率いるKaladjoula Sangoi(カラジュラ・サンゴイ)が奏でます。

 
 
公演情報
「ドラムストラック」 drumstruck

<東京公演>
■2016年8月17日(水)-8月28日(日)
■会場:天王洲 銀河劇場 (東京都)
■上演時間80分(休憩なし)

シェア / 保存先を選択