操上和美がダンサー首藤泰之の肉体を写す、写真展『DEDICATED』

 ©Kazumi kurigami

©Kazumi kurigami

操上和美の写真展『DEDICATED―首藤康之』が、6月17日から東京・原宿のAMで開催される。

1936年に北海道で生まれた操上和美は、1960年代から現在まで写真、雑誌、広告、映像など幅広い領域で活動を続ける写真家。同展では、操上と公私ともに親交のあるダンサー・首藤康之を被写体とした作品群を展示する。撮影は昨年11月の首藤の誕生日に行なわれ、首藤は撮影のために自身の肉体をベストの状態に仕上げてきたという。

なお同展の開催にあわせて、6月17日に赤々舎から操上和美の写真集『DEDICATED』が発売。さらに同日にオープニングレセプションとサイン会が開催されるほか、7月22日には首藤を迎えたアーティストトークが行なわれる。

イベント情報

操上和美写真展
『DEDICATED―首藤康之』

2016年6月17日(金)~7月22日(金)
会場:東京都 原宿 AM
時間:13:00~19:00
休廊日:月曜、火曜

『レセプション+BOOK SIGNING』
2016年6月17日(金)19:00~21:00
会場:東京都 原宿 AM

『操上和美 アーティスト・トーク』
2016年7月22日(金)19:00~20:00
会場:東京都 原宿 AM
ゲスト:首藤康之

書籍情報

『DEDICATED』

2016年6月17日(金)発売
著者:操上和美
価格:4,104 円(税込)
発行:赤々舎

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択