江戸の風情と現代アートが出会う芸術祭『BIWAKOビエンナーレ2016~見果てぬ夢~』が開催に

SPICER
国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレ2016“見果てぬ夢~Eternal Dream” 山本基 作品

国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレ2016“見果てぬ夢~Eternal Dream” 山本基 作品

画像を全て表示(3件)

『BIWAKOビエンナーレ2016“見果てぬ夢~Eternal Dream”』が、2016年9月17日(土)から11月6日(日)まで、滋賀県近江八幡市旧市街にて開催される。

今年で7回目の開催となる『BIWAKOビエンナーレ2016“見果てぬ夢~Eternal Dream”』は、国内外から65組のアーティストが参加して現代美術の作品を展示する国際芸術祭だ。今年のテーマは「見果てぬ夢」として実施される。

会場となる滋賀県近江八幡旧市街は、江戸期に建てられた町家や工場などが今なお点在し、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている歴史ある場所として知られている。

ビエンナーレ開催中は若手作家の田中誠人や世界的に活躍する山本基(もとい)のインスタレーションが行われる。また、『ストックホルムカルチャーナイト芸術祭2016』に出演したアートパフォーマンスや、滋賀を中心に活動する団体『おうみ映像ラボ』による8ミリフィルムの上映なども実施される。そのほか、ビエンナーレ初日と2日目には近江八幡観光物産協会主催の『八幡掘りまつり』も同時開催される。

現代に生きる作家たちの作品と、歴史ある旧市街の風景がもたらすコントラストを体感してみてはいかがだろうか。

八幡掘

八幡掘

2014年度出展作品

2014年度出展作品

 

イベント情報
国際芸術祭 BIWAKO ビエンナーレ2016“見果てぬ夢~Eternal Dream”

開催期間:2016年9月17日(土)~11月6日(日)
木曜定休(木曜日が祝日の場合、翌日振替休。但し、最終週は全日開場)
開場時間:10:00~17:00
開催場所:滋賀県近江八幡旧市街(永原町ほか)
<アクセス>JR東海道本線 琵琶湖線 近江八幡駅より 近江鉄道バスで約 7 分
大杉町八幡山ロープウェイ口下車
入場料:会場パスポート(BBパスポート)料金 (会期期間中、各会場1回のみ入場可)
一般:2,500円(前売り:2,300円)
学生(高校生以上):2,000円(前売り:1,500円)
※中学生以下、障がい者無料
※BBパスポート提示でロープウェイ乗車券2割引。瑞龍寺拝観料300円→200円。

公式サイト:http://energyfield.org/biwakobiennale/

シェア / 保存先を選択