過去最大級の大回顧展! ”奇才”ダリの全貌に迫る『ダリ展』レポート

SPICER
 ©girls Artalk

©girls Artalk

画像を全て表示(6件)

「完璧を恐れるな」という衝撃的なフレーズの広告を目にした人も多いはず。ついに日本では約10年ぶりとなるサルバドール・ダリ大回顧展『ダリ展』が、国立新美術館にて開催されています。本展は、スペインとアメリカのダリ・コレクション全面協力のもと実施されるとあって、規模は過去最大級となっています。筆者自身、最も好きなアーティストの1人であるダリ。日本中のファンが待ち望んでいた本展覧会が、ようやく京都から東京に巡ってきたのでさっそく取材に行ってきました。

Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

 

本展は、chapter1~8にわかれており、主に時間軸でダリの生涯を辿ることができます。

序章であるchapter1では、当時10代だった1904年頃のダリを振り返ります。続くchapter2では、印象派からキュビスム、ピュリスム、未来派といった美術界の動向を敏感に察知したダリが、様々な手法で描いた作品たちを総覧します。これらの作品は、ただ流行りの画風を真似て描かれたのではなく、きちんとダリの中で咀嚼され、卓越した技量で描かれたものばかり。この時代の作品たちからは、ダリの早熟な印象を受けます。

彼の代名詞といもいえる「シュルレアリスム」時代の幕が開ける「1929年」に着目していくchapter3。この章では、ダリがシュルレアリスムグループに熱烈に迎えられるきっかけとなった映画『アンダルシアの犬』も上映されており、日本でもファンが多い「シュルレアリスム時代のダリ」を堪能することができます。

chapter4では「1929年」の夏にダリが出会い、のちに彼の妻となるガラと出会った時期を取り上げています。ガラは、ダリのミューズであり、インスピレーションの源となった女性です。時には母親のようでもあり、”ダリという奇才”をプロデュースした人物ともいわれています。ダリがこの時期から、自身のサインを「ガラ・サルバトール・ダリ」と明記するようになったことからも、一心同体だった彼女への深い愛が伺えます。

様々な奇行を行い、派手な交友関係を築いていたダリですが、アメリカ亡命後はその時代にピリオドを打ちます。そのころの時代を振り返るのがchapter5です。このころからダリは、商業的な仕事や出版を通じ、”シュルレアリスムの名士”としての地位を確立していきました。そして続くchapter6ではヒッチコック、ディズニー、マルクス兄弟にも協力しながら映画や舞台などへ、さらに活躍の場を拡げていきます。その様子を、本展では多くの本邦初公開作品と共に辿っていくことができます。

chapter7のタイトルは『原子力時代の芸術』。日本への原爆投下に衝撃を受けたダリが原子物理学の知見と宗教的神秘主義を結び付け、芸術のあり方を模索する様子が描かれています。

終章であるchapter8では、スペインのポルト・リガトにガラと共に帰還後、再び古典芸術に回帰した時代を見つめます。この頃のダリは様々な巨匠に触発された作品を多く描いています。

本展で展示されている中で、最後に描かれた作品は1983年のもの。ダリはガラが亡くなった1982年、「自分の人生の舵を失った」と激しく落ち込み、1983年の5月に絵画制作をやめてしまいました。本展ではダリが筆を置く、まさにその直前に描かれていた作品にもお目にかかることができるのです。

本展で楽しむことができる作品数は、なんと約250点。ダリの全時代・全ジャンルが網羅されているといっても過言ではありません。作品全てを語ることは到底できないため、筆者と共に取材に行った2名にお気に入りの作品を1つずつ選んでもらいました。

 


【ライター・Yoshikoのコメント】

私のお気に入りは、なんといってもシュルレアリスム時代の作品です。ダリは、精神分析学を創始したフロイトの著作を熱心に研究していたといわれています。フロイトによると、夢には無意識下にある願望や欲望が、形を変え表現を歪ませて現れるとされており、ダリはその理論に基づいて、夢からやってくる無意識をインスピレーションの源としていたそうです。フロイトに感銘を受けるというからには、何かコントロールできない自身について強い探究心があったのかも……そんなことが、ふと頭をよぎりました。

サルバドール・ダリ《謎めいた要素のある風景》 1934年、72.8×59.5cm、板に油彩、ガラ=サルバドール・ダリ財団蔵 Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

サルバドール・ダリ《謎めいた要素のある風景》 1934年、72.8×59.5cm、板に油彩、ガラ=サルバドール・ダリ財団蔵 Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.


 

「謎めいた要素のある風景」。その名の通り、鑑賞者の前には謎めいた世界が広がっています。中央に描かれているのは、ダリが高く評価していたオランダの画家・フェルメール。看護師につれられている小さい男の子は幼少期のダリの分身です。スイスの画家ベックリーンが好んだ糸杉の前には、布をかぶった亡霊のような不気味な人影がみえます。

ここは、暖かいのでしょうか、それとも涼しいのでしょうか。もしかしたら、温度を感じない世界なのかもしれません。きっと乾燥していているのでしょう。ほんの少しだけ風を感じます。イメージの世界を目の前にした時、私はそれを頭で理解するのではなく、身体で感じることからはじめました。そうすると、不思議なことに、その世界は、私も感じたことがある懐かしいものとして感じることができます。ここはダリの夢の中、つまり彼の無意識の世界かもしれませんが、私の無意識の世界にも通じてしまいます。この絵画は、無音の世界な気もしますし、その中でダリ少年の声だけがこだましてるような気もします。糸杉の前の人影が静寂のなか急に動き出しそうです。ぐにゃりと倒れるのか、はたまた踊り出すのか、どこまでもどこまでも広がっている大地。この孤独な大地の中にたたずむのは、小さなダリと、彼が熱烈な想いを寄せていたフェルメール。同じ場所にいるように見えても実際には彼らの時空は隔たれているかのようです。フェルメールがダリ少年を描いているようには見えません。お互い見えていないかのように独立しています。夢を見ている大人のダリだけが同時に2人を見ているのかもしれません。決して交わることのない2人。しかし、彼らを包み込む大きな空と強烈な赤と黄色の光のまばゆさだけは確かなものであると思いました。

この絵画作品に何を感じるかは、私たちの無意識にあるものと関係が深いのかもしれません。


【ライター・Utaeのコメント】

私のお気に入りは、ダリの《テトゥアンの大会戦》という作品です。

サルバドール・ダリ《テトゥアンの大会戦》1962年、304.0×396.0 cm、カンヴァスに油彩、諸橋近代美術館蔵© Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.
*東京会場のみ展示
 

ダリが手がけた作品といえば、机や枝から時計が液体のようにダラ〜っとなっているもの。私の中での印象も同じく、とろけたチーズのような絵画だったり、不思議な構図で手や足が四方に長く伸びたような絵画のイメージでした。しかし、本展覧会に足を運ぶとダリの様々な側面が見ることができ「こんな絵も描くんだ!」という発見が多くありました。

会場にて展示されている作品の中でも、特に私の印象に深く刻まれたのは《テトゥアンの大会戦》という作品。

今までメディアを通じて私が見てきたダリの作品は、不思議な世界へと誘う、非日常的なものが多かったのですが、馬や武器などが多数描かれた戦場の作品があることに意外性を感じます。また、この絵画作品を見て最初に驚いたのはそのサイズ! 実際に展示会場に赴くとわかるのですが、とにかく大きい。直径は人二人分くらいはあるのではと思うほどなのです。この迫力満点の作品からは、今までダリ作品から感じてきた不思議な世界観に加え、力強さと迫力を感じました。

また、本作にはダリらしいポイントがいくつかあるのでご紹介します。一つは、絵画の中に数字が隠されているのですが、それがこの作品を制作していたダリの年齢である58という数字だという点。二つ目は、よく見るとダリの自画像が描かれている点です。ぼんやりと絵に描かれた人々を眺めていると、「あれっ、これダリだ!」と見覚えのある顔が浮かんでくるはず。三つ目は、遠景に認められる、細長い足のようなもの。

細部をよく見ると現実ではありえない面白い描き方がされている箇所もあり、パッと見ただけでは分からないだまし絵のような楽しさを与える絵画作品です。やっぱり、ダリらしい!


ちなみに元々ダリの大ファンである筆者が特に感動したのは、ディズニーと協働で作られた映像『Destino』(2003)。

Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

Collection of the Fundació Gala-Salvador Dalí, Figueres © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.

こちらは1946年に企画がはじまり、ダリによって習作が約10点描かれたにもかかわらず、財政的問題により上映されなかった作品。しかし、およそ57年後の2003年に完成し公開されました。実はこちら、ウォルト・ディズニーの甥であるロイ・エドワード・ディズニーと、ダリのアシスタントを努めたジョン・ヘンチが、当初作られた18秒のテスト映像とデッサンを元にCG処理を施して仕上げたそうです。

約7分間の中に、溶けたカマンベールチーズのような時計や、手のひらから溢れる蟻をはじめとしたダリおなじみのモチーフが散りばめられられています。それらは多重イメージを駆使する独自の手法「偏執狂的批判的方法 (Paranoiac Critic)」を用いて、音の旋律上を流れるように次々と姿を変えていきます。

ダリの魅力を詰め込んだ本映像は、ロイ・エドワード・ディズニーとジョン・ヘンチが抱いていたダリに対する止まない尊敬にあふれています。

《幻想的風景 暁(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)》1942年、249.0 × 243.0 cm、カンヴァスにテンペラ、横浜美術館蔵 © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.
《幻想的風景 英雄的正午(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)》1942年、251.0 × 224.0 cm、カンヴァスにテンペラ、横浜美術館蔵 © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.
《幻想的風景 夕べ(ヘレナ・ルビンスタインのための壁面装飾)》1942年、247.5 × 247.0 cm、カンヴァスにテンペラ、横浜美術館蔵 © Salvador Dalí, Fundació Gala-Salvador Dalí, JASPAR, Japan, 2016.
 
 

展覧会全体を通して強く感じたのは、時代によって変わる天才的な筆使いを生で観ることができた幸運です。”奇才”として知られるダリですが、様々な巨匠達が一生をかけて磨くような技法をすぐに理解し、自分の物として進化させてしまうのは、真面目にアートと向き合い、努力をしたからこそでしょう。特にシュルレアリスム時代の筆跡を全く残さない丁寧な描き方には、時間を忘れ見入ってしまいました。

絵画、映像、ジュエリーにインテリアまでが一堂に集められた本展。是非この機会に実際目で見て、彼の世界観に魅了されてください。

 

文=山口 智子 コメント協力=Yoshiko、Utae

イベント情報
『ダリ展』
【会期】
2016年9月14日(水)~12月12日(月)
【会場】
国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
【休館日】
毎週火曜日
【開館時間】
午前10時~午後6時 毎週金曜日は午後8時まで 
※ただし、10月21日(金)、10月22日(土)は午後10時まで
(入場は閉館の30分前まで)
【展覧会に関するお問い合わせ】
03-5777-8600(ハローダイヤル)
公式HP:http://salvador-dali.jp/
 
シェア / 保存先を選択