本物のスタジアム級のDJ,ZEDDの凄さ

レポート
2015.8.16

理屈じゃなくて、ただ好きなんです

元から今回のレポート、曲の詳細をお送りしようとは思ってないんです。
曲の速報ならどこでもやっているし、それよりちゃんと見て感じたことを書き留めて伝えたいと思ってサマソニにいます。

最初にZEDDを知ったのはもう結構前、ゼルダの伝説(LEGEND OF ZELDA)のリミックスを聞いた時。
凄い!なんて素晴らしいリミックスなんだ!と感動してイベントで沢山使った思い出があります。

それからあっという間に世界のスーパースターの階段を駆け上がったZEDD、エモーショナルでありながらどこまでも踊り続けられるそのバランス感覚とフレーズの美しさは世界でもトップだと思っています。

ただただ彼の紡ぎだす曲が好きで、DJで使いまくって、家でも聞いて。
前回新木場コーストでのライブは仕事で参戦できず…やっと生でZEDDが見れました!!!

高さおよそ5メートル、ワイドが20メートルはあろうかという巨大DJブース。
全面はすべてLED、背面、サイドにもLEDを装備したステージ。

ああ、これはあれだ、ULTRAやトゥモローランドで見たことがあるやつだ、海外の超巨大EDMフェスがそのままサマソニにやってきたんだ、そう実感しました。
そしてついにZEDD降臨、気負うでもなく普段のままの彼がそこで機材をいじるとマリンは轟音と換気に包まれる。

映像も効果も、そして何より音がヤバい、おもいっきりバウンズさせるベースと手を上げざるを得ないメロディラインの緩急の見事さ、目が離せない、見てしまう、体が動いてしまう、凄い。

普段着のZEDDはちっとも普段着じゃない本物のスタジアム級のDJを日本で披露してくれました。
どこかワンピースでもかけたら成立しないバランスのプレイ。

ソニマニ、サマソニ合わせて一番と思えるくらいの客入り、最後までマリンステージの入場が耐えないとんでもない状況。
(実質入場規制あったみたいです!)

なんだ、みんなZEDDを待っていたんだ、そりゃそうだ、とんでもないもん。

僕のフェイバリットソング「Clarity」で叫びながらポロポロ泣いてしまったのはここだけの内緒にしておいてください。

夕暮れのマリンを颯爽と去っていったZEDD、次はいつ会えるのか…
SUMMER SONIC 2015、もうすぐ終わりが見えてきました。
祭りの終わりはいつだって寂しいものです、だから最後までおもいっきり楽しみましょう!!!
 

イベント情報
SUMMER SONIC 2015

日時:2015/8/15(土)・16(日)
会場:
■東京
QVCマリンフィールド&幕張メッセ (千葉県)
■大阪
舞洲サマーソニック大阪特設会場 (大阪府)
シェア / 保存先を選択