浜松市民オペラ 宮川彬良:歌劇《ブラック・ジャック》(世界初演)

宮川彬良

宮川彬良

手塚治虫の最高傑作をオペラで体感

 あの『ブラック・ジャック』がオペラになった!! 天才外科医ブラック・ジャックを主人公に、生命のドラマを描いた漫画『ブラック・ジャック』は手塚治虫の最高傑作のひとつ。過去に何度か実写版も作られているが、成功は簡単ではなさそう。それを、しかもオペラで。

 浜松市民オペラの依頼でこの難題に挑むのは、ジャンルを超えてマルチに活躍する作曲家・宮川彬良。全242話の中から「時」をキーワードとするエピソード3話を選んだオムニバス形式(台本・響敏也)により、実演奏時間2時間半におよぶ大作を書き上げた。

 エンタテインメントを熟知した宮川の音楽は明快な響きが主体で、言葉も聴き取りやすい。題名役にバリトンの大山大輔。演出は田尾下哲。作曲者自身の指揮による浜松交響楽団ほかの出演。すでに今年3月には試演会が行なわれるなど、稽古は一般的なプロダクションよりも長い時間をかけてみっちり行なわれている模様。準備万端整っての本番に期待が高まる。

文:宮本 明
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年9月号から)

公演情報
第7回 浜松市民オペラ 宮川彬良:歌劇《ブラック・ジャック》(世界初演)

会場:アクトシティ浜松
日時:8/30(日)14:00
原作/手塚治虫
音楽監督・作曲・指揮/宮川彬良
脚本・歌詞/響敏也
演出/田尾下哲

第1章《87歳の反逆》
大山大輔(ブラック・ジャック)
田上知穂(ヤング・ベティ)
鷲尾麻衣(オールド・ベティ)
水船桂太郎(代理店上司)
中島実紀(FM放送局アナウンサー)

第2章《お前の中の俺》
今井学(渉)
闘さや香(彩香)
橋爪万里子(家政婦大原)
塚本伸彦(医者)

第3章《母と子のカノン》
加藤宏隆(猪一)
中島実紀(邦子)
加藤恵利子(若邦子)
澤村翔子(麻子)
伊藤真友美(六法寺夫人)

【コロス】
大井梨江、中村洋美、真井聖美、安間鮎子、酒井和音、法月昭乃、宮本りつこ、三野久美子、桜谷清美、小山美樹、近藤辰俊、石原久章、山中秀三、木村健、石黒宗真、富田夏行、吉田裕太、木村公紀、村瀬諒

ピアノ/近藤麻由、加藤真弓
管弦楽/浜松交響楽団
合唱/浜松オペラ合唱団
   ACTCITYユース合唱団
   ジュニアクワイア浜松
公式サイト:http://www.hcf.or.jp
 
WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択