デザイナー・映像作家の安田昂弘、「見る」「見られる」テーマの新作展

 安田昂弘『No title』2016年 CG ©TAKAHIRO YASUDA Courtesy of VOILLD

安田昂弘『No title』2016年 CG ©TAKAHIRO YASUDA Courtesy of VOILLD

安田昂弘の個展『The end of watch』が、11月11日から東京・中目黒のVOILLDで開催される。

グラフィックデザイナー、映像ディレクターとして活動する安田昂弘。これまでに快速東京、sugar me、Tokyo Health Clubといった音楽家への作品提供をはじめ、広告やプロダクトなどのデザインも手掛けている。現在はクリエイティブチーム「CEKAI」に所属しながら個人でも制作を行なう。

同展では、コンピューターグラフィックをベースにした平面作品約20点を展示。安田が近年関心を持つ、「見ること」「見られること」をテーマに制作された新作になるという。なお初日の11月11日には安田が在廊するオープニングパーティーも予定されている。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択