伊東宣明 個展『アートと芸術家』が開幕 "アートの本質"について自画撮りで語る映像作品も

SPICER
《アート(スペインVer.)》2015年、シングルチャンネルビデオ、サウンド、10min.5sec.

《アート(スペインVer.)》2015年、シングルチャンネルビデオ、サウンド、10min.5sec.

画像を全て表示(3件)

WAITINGROOM(東京)では2016年11月26日(土)から12月25日(日)まで、伊東宣明 個展『アートと芸術家』が開催される。

伊東は、「身体」「生/死」「精神」といった生きるうえで避ける事のできない根源的なテーマを追求し、映像やインスタレーション作品を発表しているアーティスト。WAITINGROOMでは初の個展開催となる。

《芸術家》2013-2014年, シングルチャンネルビデオ、サウンド、35min.

《芸術家》2013-2014年, シングルチャンネルビデオ、サウンド、35min.

本展では、作者本人の背景に多くの名画やアート鑑賞をする人々などを映し出し、「アートの本質」について自画撮りで語る映像作品《アート》が展示される。加えて、[普通の女の子か芸術家か決めかねている]一人の女性が、日本企業の自己啓発的新人研修の方法を用いて芸術家の名言によって作られた「芸術家十則」を絶叫する事により、やがて「芸術家になる」と宣言するまでの過程を、捉えた映像作品《芸術家》も公開されている。さらに、そのドローイングも紹介されるとのこと。

 

イベント情報
伊東宣明 個展『アートと芸術家』

会期:2016年11月26日(土)~ 12月25日(日)
オープニング・レセプション:11月26日 18:00-21:00
・会期中は、月曜 17~23時、木・金・土 12~19時、日曜 12~18時のオープンとなります。
・本展のオープニングレセプションを、初日の11月26日(土)18~21時に開催します。
・なお、初日も通常通り12時からオープンいたします。
シェア / 保存先を選択