濃厚鶏白湯、炙り焼豚、ふわとろワンタン…西日本最大級のラーメンイベント『ラーメンEXPO 2016 』を実食レポート!

レポート
イベント/レジャー
2016.12.9
『ラーメンEXPO 2016 』

『ラーメンEXPO 2016 』

画像を全て表示(11件)

大阪でも寒い日が続き始め、いよいよ冬本番。温かいラーメンが胃にも心にも染みる、冬晴れ&ラーメン日和となった本日12月9日(金)。今年で4回目を迎える西日本最大級のラーメンイベント『ラーメンEXPO 2016 IN万博公園』が万博記念公園にて開幕した! イベントは、今回も昨年と同様に会期を第1幕~第3幕の3つの期間に分け、各幕、全国各地から集まった人気の10店舗ずつが会場に登場。各店のスープの良い香りが辺りに漂い、いるだけでもグゥ~~という腹の音が止まらないという状況だ。そこで今回、SPICE取材班が読者のみなさまに代わり会場で気になる4杯をピックアップ。実食していち早くその感想をレポートする。

最初の1杯は、鶏が香るこちら。

●『福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊』(福島)の福島鶏白湯

福島県の三大ブランド鶏、会津地鶏・川俣シャモ・伊達とりを1日以上かけて炊いてスープを作った鶏白湯スープは、うま味とコクがたっぷり!

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

福島ラーメン組っ!獅子奮迅隊

▼実食レポ
「鶏から出たダシが口中に広がりますね。しっかりとしたスープとクセのないストレート麺の組み合わせもGOOD! あっという間に完食です」 担当:kk(細麺大好き)

▼店主より
「今回はうちと、『中華蕎麦 こばや』さん、『麵処 若武者』さんの3店舗のコラボ。ここでしか味わえないラーメンをぜひ!」

『麺屋 信成』 海野信一さん

『麺屋 信成』 海野信一さん

 

続いて2杯目は“至福”と地元“大阪”の言葉に魅かれて味噌へ……。

●『Style坊主(みつか坊主 with Style林)』(大阪)の至福の大阪味噌ラーメン

『味噌専門みつか坊主』と、その1番弟子『Style林』がタッグを組んで生み出した一杯。たっぷりと野菜炒めが乗るのもヘルシー。

Style坊主(みつか坊主 with Style林)

Style坊主(みつか坊主 with Style林)

▼実食レポ
「味噌が優し~い! 濃い味噌ではなく、あっさりタイプです。野菜炒めを作る時に“ファイヤー”してたのにもテンションが上がりました」 担当:京橋メンクイ女(ラーメンといえば専らとんこつ派。優しさって大事よね! かあちゃん味噌最高!!)

▼店主より
「味噌は大阪府豊能町のお母さんたちが、米や麹から手作り。うま味も甘みもある、このおいしさを伝えるためのスープは、味噌汁にも近いシンプルさで仕上げました」

『みつか坊主』の斉藤光典さん(左)、『Style林』の林隆臣さん(右)

『みつか坊主』の斉藤光典さん(左)、『Style林』の林隆臣さん(右)


 

ここでちょっと休憩し、お客さんに直撃してみた。話を聞かせてくれたのは、会社の仲間と休みを合わせてやってきたという5人組。

Aさん「『麺鶏どぎゃん』(大阪)の炭火焼肉あぶらかすラーメン、食べました! 意外とスープはあっさり。でも上に乗った肉は、炭火で炙ってあって、香ばしくてこってり。バランスいいです」

Bさん「『風来軒』(宮崎)の宮崎風来軒濃厚とんこつラーメンは、その名に違わず、スープがトロ~ッとして濃厚です。豚骨スープの香りがラーメン好きとしてはたまりません」

Cさん「まさに“拳級”のチャーシューが乗った『頑固神拳(頑固麺+セアブラノ神+拳ラーメン)』(京都)の頑固神拳奥義 京都こってりブラックを食べました。ほんのりと香る醤油もいい感じ」

という5人は、全員2杯目。そして「もう一杯!」と3杯目を求めて再び会場へ消えていったのだった……。

 

今度はゴージャスな予感がする一杯を!

●『鳥の鶏次、フスマにかけろ コラボ店』(大阪)のトリュフ薫る 濃厚鶏白湯らーめん ~炙り焼豚盛り~

スープは、ボリビアにある有名なウユニ塩湖の塩を使った塩ダレを、国産鶏100%のスープに合わせ、最後はトリュフオイルをかけて仕上げている。

『鳥の鶏次、フスマにかけろ コラボ店』(大阪)のトリュフ薫る 濃厚鶏白湯らーめん ~炙り焼豚盛り~

『鳥の鶏次、フスマにかけろ コラボ店』(大阪)のトリュフ薫る 濃厚鶏白湯らーめん ~炙り焼豚盛り~

▼実食レポ
「このラーメンを考えた人、天才だと思います。スープの濃厚さも麺のコシも、その絡み具合もすべてが絶妙……文句なしにおいしい!」 担当:ごまめえひめっ子(つけ麺への愛情なら誰にも負けません! ちぢれ麺最高!)

▼店主より
「トリュフオイルをかけることで、スープに厚みが増すんです。トリュフはもちろん、炙りチャーシューや全粒粉を使った麺の香りも一緒に楽しんでください」

「鳥の鶏次」の日比野健志さん

「鳥の鶏次」の日比野健志さん

 

ラストはちゅるんとしたワンタンをチョイス!

●『ワンタンメンの満月』(山形)の山形・酒田の自家製ふわ・とろワンタンメン

50年以上の歴史を誇る老舗の看板メニュー。超極薄のワンタンはなめらかで、ふわふわ。そしてとろっとした食感がクセになる。

『ワンタンメンの満月』(山形)

『ワンタンメンの満月』(山形)

▼実食レポ
「魚介の香りがするしっかりダシのきいた“和”のスープが、どこか懐かしい感じ。ワンタンは口に入れると溶けてなくなるようでした」 担当:H(肉より魚!派)

▼店主より
「自家製ワンタンは、下に新聞があればその記事が読めるほどの薄さです! スープは数種類の煮干しや昆布から取っていてあっさりとしています」

「ワンタンメンの満月」の齋藤直さん

「ワンタンメンの満月」の齋藤直さん

以上、取材班は4杯を完食。『ラーメンEXPO 2016 IN万博公園』初日の実食レポートは終了した。ただしイベントはこの後も第1幕は12月9日(金)~12月11日(日)、第2幕は12月16日(金)~18(日)、第3幕は12月23日(金)~25(日)の日程でまだまだ続く。当然、各期間で出店ラインナップは異なるので、何度も足を運んで運命の1杯に出合ってほしい! 

チケットは当日会場でも購入可能だが、前売り券なら券売場に立ち寄ることなくラーメン店へ行くことができて便利なので、事前に購入して会場へ足を運んでみては?


レポート・文= 服田昌子 撮影=K兄

イベント情報
『ラーメンEXPO 2016 IN万博公園』

場所:万博記念公園 お祭り広場
時間:11:00~21:00(ラストオーダー・入園は20:30)
日程:第1幕:2016年12月9日(金)~11日(日)
第2幕:2016年12月16日(金)~18日(日)
第3幕:2016年12月23日(金)~25日(日)
入場料:無料・別途公園入園料必須(大人250円・小中学生70円)・ラーメン券800円
シェア / 保存先を選択