第五十一回 紀伊國屋演劇賞は<団体賞>シーエイティプロデュース、<個人賞>佐藤誓、KERA、詩森ろば、高田聖子、市川猿之助

ニュース
2016.12.16


「第五十一回 紀伊國屋演劇賞」が2016年12月16日に決定した。

団体賞は、シーエイティプロデュース。「End of the RAINBOW」「クレシダ」「テイクミーアウト」の優れた舞台成果に対して。賞状並びに賞金二百万円が贈呈される。

また、個人賞は次の5人。

佐藤 誓。風琴工房企画製作「insider」における 茂木正彦、タカハ劇団公演「嘘より、甘い」における 先生 の演技に対して。
ケラリーノ・サンドロヴィッチ。キューブ企画・製作「ヒトラー、最後の20000年 ~ほとんど、何もない~」の作・演出、世田谷パブリックシアター+KERA・MAP「キネマと恋人」の台本・演出に対して。
詩森ろば。NPO法人いわてアートサポートセンター主催「残花」、風琴工房企画製作「insider」の作・演出に対して。
高田聖子。月影番外地・サンライズプロモーション東京主催「どどめ雪」における 幸子 の演技に対して。
市川猿之助。Bunkamuraシアターコクーン公演「元禄港歌 ―千年の恋の森―」における 瞽女 糸栄、シス・カンパニー公演「エノケソ一代記」における 田所(エノケソ) の演技に対して。
個人賞は、それぞれ賞状並びに賞金五十万円が贈呈される。

紀伊國屋演劇賞は、毎年1月より12月までの間、東京に於いて上演される演劇公演を審査の対象として、昭和41年(1966)以降毎年開催されている。審査員は大笹吉雄、長谷部浩、小田島恒志、林あまり、高井昌史 (2016年1月時点)。今回の贈呈式は2017年1月24日(火)紀伊國屋ホールで行われる。

公式サイト:https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20161216150000.html

シェア / 保存先を選択