セクゾン佐藤勝利が橋本環奈の誕生日を生ホルンでお祝い!橋本の“ピコ太郎のマネ”には歓声も 映画『ハルチカ』完成披露試写会

動画
レポート
2017.2.2
橋本環奈 映画『ハルチカ』完成披露試写会 舞台あいさつ

橋本環奈 映画『ハルチカ』完成披露試写会 舞台あいさつ

画像を全て表示(2件)

2月1日(水)TOHOシネマズ 新宿にて完成披露試写会が行われ、主演の佐藤勝利(Sexy Zone)と橋本環奈、キャストの恒松祐里清水尋也前田航基小出恵介、メガホンをとった市井昌秀監督が舞台挨拶に登壇した。

『ハルチカ』は、初野晴原作の小説『ハルチカ』シリーズを実写映画化した作品。頼りないが気の優しい美男子ハルタと、気が強くて明るく元気なチカが高校の入学式で運命的な再会を果たし、吹奏楽部で音楽を通して気持ちをつなげてゆくようすを映画オリジナルストーリーで描く。 

万雷の拍手の中、登壇者は入場。それぞれの挨拶に続き、同作のキャッチコピー「吹キュン」について、佐藤から解説を振られた橋本は「(右手を挙げ)まず”胸キュン”があるじゃないですか、(左手を挙げ)そして”吹奏楽”があるじゃないですか、(両手を合わせながら)……ウーン!”吹キュン”です!」と、流行りのピコ太郎を真似て説明場内は大ウケ。

 続いて、トークは各キャストが劇中で演奏する楽器についての話題に。金管楽器で世界一難しいとされるホルンに挑戦した佐藤は「早い段階から吹けちゃいまして…カッコイイなーと自分でも思いながら(笑)才能しかなかったですね」と自信満々の表情をみせる。 橋本は「遅れを取らないように」とプレッシャーを感じていたことを明かし、恒松は「指の動きが複雑な曲は授業中に筆箱をクラリネット代わりに練習しました」と天才奏者を演じる大変さを語った。一方、学生時代にドラムを経験したという清水は「勝利に負けないくらいの才能を見せつけた」と佐藤に対抗。トランペットを担当した前田は「先生に自分のタラコ唇がトランペットに適した形と言われ、初日に音が出て嬉しい半面複雑だった」と心境を語った。

また、初めて指揮者に挑戦した小出が「初日から(指揮棒が)振れたんですよね(笑)」と佐藤や清水と張り合うと、会場は笑いに包まれた。それぞれが冗談を交えながら語る中、市井監督は「みんな余裕な感じで言ってますけど、じつは本当にひたむきに頑張って練習していたんです。ものすごくグッときました」と、彼らの頑張りを絶賛していた。 

 

左から、橋本環奈、恒松祐里、小出恵介 映画『ハルチカ』完成披露試写会 舞台あいさつ

左から、橋本環奈、恒松祐里、小出恵介 映画『ハルチカ』完成披露試写会 舞台あいさつ

 

ここで、2月3日に誕生日を迎える橋本に、まさかのサプライズが。橋本の前に楽譜をモチーフにしたバースデーケーキが運ばれてきたのだ。客席から感嘆の声が上がるなか、佐藤は撮影で使用したホルンを手にする。佐藤は「じつはこの日のために練習してきました!」と、ホルンの生演奏を披露することを宣言。橋本だけでなく客席も歓喜に沸きつつ、佐藤の演奏に合わせて登壇者と500人の観客で「Happy birthday to you」を合唱し、誕生日を祝福した。

快心の演奏を終えた佐藤は「僕ほんとに吹けるんですよ!今日は良い日になったんじゃないかなって思います(笑)」と笑顔を見せた。 最後に作品の見所について、佐藤は「初めての主演をさせていただいたので、思い入れのある映画です。初めての映画というのは一回しか無いのでぜひ皆さんも目に焼き付けて帰ってください!」とコメント。続く橋本は「今回、フルートという楽器に出会え、みんなで撮影する中で実際の部活を経験しているかのような充実したひとときを過ごすことができました。私達のリアルな青春模様が詰まっていると思います」と締めくくり、大きな拍手につつまれて舞台挨拶を終えた。
 

映画『ハルチカ』は2017年3月4日(土)全国ロードショー。
 

作品情報

映画『ハルチカ』



原作:「ハルチカ」シリーズ 初野晴・著(角川文庫刊)
脚本・監督:市井昌秀/脚本:山浦雅大
出演:佐藤勝利(Sexy Zone)、橋本環奈/恒松祐里、清水尋也、前田航基、平岡拓真、上白石萌歌、二階堂姫瑠/志賀廣太郎、小出恵介
配給:KADOKAWA

【ストーリー】
ちょっぴり頼りないけど気の優しい美男子のハルタ(佐藤勝利)と、真っ直ぐな性格で負けん気の強いチカ(橋本環奈)。小学校3年生の時にハルタが引っ越してしまうまで幼なじみだった二人は、高校入学式の日に運命的な再会を果たす。入学後、ずっと憧れていた吹奏楽部に入ろうと心に決めていたチカ。しかし、吹奏楽部はなんと廃部寸前の危機だった!大好きなフルートを諦めきれず、チカはホルン経験者のハルタを巻き込んで部員集めに走り回る。音楽一家に育った芦澤(恒松祐里)、部員をまとめようと奔走する部長の片桐(前田航基)とその彼女・わかば(二階堂姫瑠)、野球部で肩を痛めた宮本(平岡拓真)、チューバソロコンサート入賞の実力を持つ妙子(上白石萌歌)、登校拒否中のカイユ(清水尋也)などワケありのメンバーたち。それでもなんとか部の復活に漕ぎ着けたチカたちは、かつては将来を嘱望される指揮者だった顧問の草壁(小出恵介)による指導のもと、コンクール出場という一つの目標に向かってひたむきに突き進む。しかしフルート初心者のチカはなかなかみんなに追いつけず、ハルタもまたホルンを続けることに悩んでいた。それぞれにすれ違う思い。部員たちの不満が爆発しそうになる中、チカの後ろに隠れがちだったハルタに変化の時が訪れる。さらに二人の関係も動き始める。

(C)2017「ハルチカ」製作委員会
映画公式サイト haruchika-movie.jp

 

シェア / 保存先を選択