ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』展をレポート 舞台上の熱量をそのままに再現した、充実の展示空間

レポート
2017.4.26
展覧会エントランス

展覧会エントランス

画像を全て表示(18件)

Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)にて『ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!展』がはじまった。(会期:2017年4月25日〜5月28日)週刊少年ジャンプで人気連載中のバレー漫画『ハイキュー!!』を、舞台に持ち込んだハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』が始まってから早2年。本展覧会では、これまでの公演でキャストが実際に使用した衣裳の展示やステージが再現され、"演劇『ハイキュー!!』"の空気を体感できる充実の内容になっている。開催に先立ち催されたプレス内覧会とオープニングセレモニーから、本展の見どころを紹介したい。

演劇『ハイキュー!!』の世界に浸る

展覧会の冒頭では、バレーネットの形をしたスクリーンに3分間の特別映像が流される。演劇『ハイキュー!!』のハイライトを振り返り中へ進むと、烏野高校をはじめ、青葉城西、音駒、伊達工業、常波高校など各敵校の衣裳を見ることができる。烏野高校排球部の憩いの場所「坂ノ下商店」のセットも再現。なお、青葉城西高校の衣裳のみ裸足だが、5月7日まで公演中の「勝者と敗者」内で使用中のため、展示は公演終了後に予定しているとのこと。

烏野高校排球部

烏野高校排球部

青葉城西高校

青葉城西高校

音駒高校

音駒高校

伊達工業高校

伊達工業高校

坂ノ下商店

坂ノ下商店

名シーンに登場した衣裳から舞台裏まで

会場には、演劇『ハイキュー!!』の中で印象的な「王様の影山」や、「日向の分身」の衣裳も展示されている。

コート上の王様

コート上の王様

日向の分身

日向の分身

日向翔陽

日向翔陽

また、「バックステージゾーン」では、舞台裏の様子を一部再現。劇中内で馴染みのある白いコートや女子高校生の制服、嶋田マートのエプロンなど数多くの小道具が揃っている。日の目を見ることのなかった幻の衣装展示もあるので、どのシーンに使用される予定だったのか想像を膨らませてほしい。

バックステージゾーン

バックステージゾーン

お蔵入り衣装

お蔵入り衣装

ここだけの特別プロジェクションマッピング

「ハイパープロジェクション演劇」と題しているように、演劇『ハイキュー!!』の見どころは、プロジェクションマッピングを使用した映像美と演劇の融合だ。本展では、この展覧会のために用意したオリジナルのプロジェクションマッピングが公開される。迫力ある映像と音楽を体感しながら、舞台の感動を再度味わえる内容となっている。

実際に使われた八百屋舞台

実際に使われた八百屋舞台

計96公演と数々の稽古を積んだ八百屋舞台(傾斜のある舞台)は、実際に使用されたもの。そこには「バミリ」と呼ばれる、役者の立ち位置や道具の配置を示すための目印や、傷跡、足跡も多数残されている。舞台に上がり、キャストの目線から見える景色を楽しむことも可能だ。

未公開写真やキャストの色紙も

展覧会の後半には、パンフレットやグッズに使用されなかった未公開写真の展示や、出演者が書いたメッセージ入り色紙が飾られている。原作漫画の台詞を取り入れたものなど、キャラクターの個性と役者の個性が合わさった色紙は、読み応えのあるものになっている。

未公開写真

未公開写真

キャストによるメッセージ入り色紙

キャストによるメッセージ入り色紙

「みんなでアイディアを詰め込んで歩んで来た、大きな結晶」

4月25日に行われたオープニングセレモニーでは、一足先に展覧会を観覧した烏野高校排球部のキャスト計10名と、演出家のウォーリー木下氏が登壇し、本展の見どころを紹介した。

前列左より、ウォーリー木下、小坂涼太郎、木村達成、三浦海里 後列左より、冨森ジャスティン、猪野広樹、秋沢健太郎、須賀健太、塩田康平、橋本祥平、川原一馬

前列左より、ウォーリー木下、小坂涼太郎、木村達成、三浦海里 後列左より、冨森ジャスティン、猪野広樹、秋沢健太郎、須賀健太、塩田康平、橋本祥平、川原一馬

オープニングセレモニー テープカット

オープニングセレモニー テープカット

左より須賀健太、木村達成

左より須賀健太、木村達成

 
 
演出家 ウォーリー木下
演劇で展覧会をするのは珍しいが、ハイキュー!!はそれができるくらい、たくさんの発想が詰まっている。キャストやスタッフ全員が楽しみながら作った作品のアイディアを見にきてください。 

 

日向翔陽役 須賀健太
僕たちが演じたステージがそのまま中に展示してあります。僕たちと同じ場所に立つと、新たな発見があるかと思います。演劇『ハイキュー!!』がはじまって2年。みんなでいろいろなアイディアを詰め込んで歩んで来た、その一つの大きな結晶が『ハイキュー!!展』という形で実現することができて嬉しいです。

 

影山飛雄役 木村達成
久々に写真やセットを見たらジーンときちゃって、感極まるものがありました。演劇『ハイキュー!!』も現在公演中です、最後まで一致団結して頑張りたいと思います。

 

月島蛍役 小坂涼太郎
展示の最後にキャスト全員のコメント入り色紙があるんですが、それぞれのキャストの人柄が出ているので、楽しみにしてください。

 

山口忠役 三浦海里
細かい小道具の展示や、舞台には傷や跡が残っていて、色んなことを思い返せます。劇団ハイキューの一員になったような雰囲気を楽しんでください。

 

田中龍之介役 塩田康平
塩田謎かけをやりたいと思います。『ハイパープロジェクション演劇ハイキュー!!』とかけまして、「ハイキュー!!展を見た、今の気持ち」ととく。その心は、「感激です!!」

 

西谷夕役 橋本祥平
今までの演劇ハイキューの歴史が詰まっている展示会です。観劇も合わせて、演劇『ハイキュー!!』の世界に浸ってください。

 

縁下力役 川原一馬
演劇『ハイキュー!!』だけの展示会というのが、僕たちにはとても感慨深いものです。この展示会でしか実感できないものを楽しんでください。

 

澤村大地役 秋沢健太郎
全員で努力して作り上げた舞台の中で、お蔵入りになったアイディアもあります。ボツネタの展示もあるので、そちらも楽しんでください。

 

菅原孝支役 猪野広樹
「烏野、復活」の合宿シーンで使った布団も展示されています。ハフハフすれば匂いが嗅げるかもしれません。

 

東峰旭役 冨森ジャスティン
数ある舞台の中でも(運動量的に)キツイと評判のハイキュー。今回その舞台に立つことができるので、ぜひ舞台上に立って「これはキツイ」っていうのを体感してください。

 

『ハイパープロジェクション演劇 ハイキュー!!展』は2017年5月28日まで開催。現在、隣接のTOKYO DOME CITY HALLでは5月7日までハイパープロジェクション演劇ハイキュー"勝者と敗者"が絶賛公演中だ。当日券の販売や、千秋楽には全国の映画館にてライブビューイングも控えている。展覧会と合わせて、この機会にぜひ演劇『ハイキュー!!』の世界を楽しんではいかがだろうか。

イベント情報
ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』展

会期:2017年4月25日(火)〜5月28日(日) ※5月9日(火)は休館
時間:平日12:00〜20:00 GW期間(4月28日〜5月7日)および土日祝日 10:00〜22:00
場所:Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
料金:当日大人(高校生以上)2,000円/当日小人(小・中学生以上)1,400円 ※当日券は前売券で残券がある場合の日時のみ販売(最終販売時間は閉館の30分前)
HP:http://www.tokyo-dome.co.jp/aamo/exhibition/engeki-haikyu/
シェア / 保存先を選択