横浜・永田の地に華開いた禅文化に触れ、近世禅林の源流をたどる 特別展『寳林寺 東輝庵展』が開催

ニュース
アート
2024.5.17
特別展『寳林寺 東輝庵展』

特別展『寳林寺 東輝庵展』

画像を全て表示(6件)

特別展『寳林寺 東輝庵展』が、9月14日(土)から11月10日(日)の期間、神奈川・横浜市歴史博物館企画展示室で開催される。

誠拙周樗画賛《円相図》紙本・墨画、江戸時代後期、寳林寺

誠拙周樗画賛《円相図》紙本・墨画、江戸時代後期、寳林寺

 
妙喜宗績画賛《布袋図》紙本・墨画、江戸時代後期

妙喜宗績画賛《布袋図》紙本・墨画、江戸時代後期

横浜市南区の寳林寺(ほうりんじ)は15世紀頃に開創され、何度かの無住期間を経た。のち18世紀中頃、近世禅宗史上欠くことのできない「鎌倉禅」の祖といわれる月船禅慧(げっせんぜんね)が寳林寺内に東輝庵(とうきあん)を営む。そこには、鎌倉・円覚寺中興の祖といわれる誠拙周樗(せいせつしゅうちょ)や仙厓義梵(せんがいぎぼん)、峨山慈棹(がざんじとう)、物先海旭(もっせんかいぎょく)といった多くの名だたる禅僧たちが集い、寳林寺があった永田村では東輝庵を中心に地域との交流が生まれ、文化的土壌が醸成されていった。

仙厓義梵画賛《鍾馗図》紙本・墨画、江戸時代後期、寳林寺

仙厓義梵画賛《鍾馗図》紙本・墨画、江戸時代後期、寳林寺

 
月船禅慧筆《「宝林寺」扁額》江戸時代後期、寳林寺

月船禅慧筆《「宝林寺」扁額》江戸時代後期、寳林寺

 
《釈迦如来坐像》木造、平安時代後期、寳林寺

《釈迦如来坐像》木造、平安時代後期、寳林寺

『寳林寺 東輝庵展』は、横浜・永田の地に華開いた禅文化にふれるとともに、近世禅林の源流をたどる特別展。チケット(前売券)は、イープラスほかで11月9日(土)18時まで受付中。

そのほか詳細は、特別展のホームページを確認しよう。

 

 

 

 

 

イベント情報

特別展『寳林寺 東輝庵展』
会期:2024年9月14日(土)~11月10日(日)
会場:横浜市歴史博物館企画展示室(〒224-0003 神奈川県横浜市都筑区中川中央1-18-1)
 
主な出陳資料:
1. 月船禅慧筆《「宝林寺」扁額》江戸時代後期、寳林寺
2. 《釈迦如来坐像》木造、平安時代後期、寳林寺
3. 誠拙周樗画賛《円相図》紙本・墨画、江戸時代後期、寳林寺
4. 妙喜宗績画賛《布袋図》紙本・墨画、江戸時代後期
5. 仙厓義梵画賛《鍾馗図》紙本・墨画、江戸時代後期、寳林寺
 
観覧料:
【特別展単券】一般1,000円/高校・大学生700円/小・中学生および横浜市内在住65歳以上500円
【特別展・常設展共通券】一般1,200円/高校・大学生800円/小・中学生および横浜市内在住65歳以上550円
 
前売り観覧料:
一般960円/高校・大学生640円/小・中学生および横浜市内在住65歳以上440円(常設展示室との共通券のみ)
 
(前売券):
受付期間2024年5月17日(金)10:00~2024年11月9日(土)18:00 
 
ほか ぴあ、tvkカウンターで取り扱い
※支払方法によっては手数料がかかる場合があります。詳しくは販売サイトをご確認ください。
 
主催:(公財)横浜市ふるさと歴史財団
 
シェア / 保存先を選択