ブロードウェイ・ミュージカル『天使にラブ・ソングを…』カーテンコールに森公美子が登場

ニュース
2015.7.19

東急シアターオーブにて開幕したブロードウェイ・ミュージカル『天使にラブ・ソングを…〜シスター・アクト〜』。同作の16日昼のカーテンコールに、昨年の日本版で主人公デロリス役を務めた森公美子が登場し、日米デロリスの初対面が実現した。

ウーピー・ゴールドバーグ主演の同名映画を、ジュリー・ザックス演出、アラン・メンケン作曲、そしてゴールドバーグ自身のプロデュースでミュージカル化した本作。ロンドンやブロードウェイで好評を博し、今回が初来日となった。

カーテンコールでブロードウェイ・カンパニーと熱唱した森は「あまりに素晴らしくて言葉を失いました! 英語で言おうと思ってたことを忘れてしまいました(笑)」と興奮した様子。そして「本当に本物はすごい。カンパニーの一人ひとりすべてがキマっているし、レベルが違う」と絶賛した。

一方、本公演でデロリスを演じたレネー・ヴェロニカ・フリーマンは「森さんも美しいと思います。とても存在感があって同じ舞台に立て光栄です」と笑顔で語った。

また、16年に再演が決まった日本版でもデロリス役を続投する森は「この衣裳が似合うスリムなボディーを目指します(笑)」と笑わせ、「でも本当に一番目指すのは彼女(レネー)のような声。本当に素晴らしい。劇場の隅から隅まで響いていてシビれました」と感動のコメントとともに、再演への意欲を見せた。

公演は8月2日(日)まで。

公演情報
ブロードウェイ・ミュージカル 『天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)』

期間:2015/7/15(水)~2015/8/2(日)
会場:東急シアターオーブ
※英語上演・日本語字幕あり

 
 
演劇・ミュージカルのポータルサイト シアターガイド
シェア / 保存先を選択