カラヴァッジョ《法悦のマグダラのマリア》が国立西洋美術館で世界初公開

SPICER
《法悦のマグダラのマリア》

《法悦のマグダラのマリア》

画像を全て表示(6件)

国立西洋美術館にて2016年3月1日(火)より開催する「日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展」にて、カラヴァッジョの《法悦のマグダラのマリア》の出品が決定した。本作品の展示は、世界初公開となる。

《法悦のマグダラのマリア》は、カラヴァッジョが死ぬ間際に携えていたとされる3点の絵画のうちの1点。カラヴァッジョが殺人を犯してローマを逃亡し、近郊の町で身を隠していた1606年の夏に描かれたものとされている。2014年に発見され、科学調査を経たのちに“カラヴァッジョの真筆”と認定された。

本展では、その他にも日本初公開となる《バッカス》や《女占い師》のほか、《果物籠を持つ少年》《ナルキッソス》《トカゲに噛まれる少年》など、貴重なカラヴァッジョの傑作11点が紹介される。この11点は、日本でも過去最多、世界でも有数の規模で開催される展覧会となる。

日本初公開となる《バッカス》

日本初公開となる《バッカス》

《果物籠を持つ少年》

《果物籠を持つ少年》

 

「西洋美術史上最大の革新者」「ルネサンスを超えた男」」「天才画家にしてならず者」と評されるイタリアの鬼才、カラヴァッジョ。常に「劇的」と形容される彼の作品を、存分に堪能できる展覧会となるはずだ。圧倒的パワーをもった作品の数々を、ぜひその目で確かめていただきたい。

イベント情報
日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展

 日時:2016年3月1日(火)~2016年6月12日(日)
 会場:国立西洋美術館
 開館時間:午前9時30分~午後5時30分 毎週金曜日:午前9時30分~午後8時
 ※入館は閉館の30分前まで
 休 館 日 :月曜日(ただし、3月21日、3月28日、5月2日は開館)、3月22日(火)

 
シェア / 保存先を選択