ダ・ヴィンチの手稿から現代美術まで、『宇宙と芸術展』に約150点

 チームラボ『追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark』2014年、展示風景:日本科学未来館 ※参考作品

チームラボ『追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして分割された視点―Light in Dark』2014年、展示風景:日本科学未来館 ※参考作品

『宇宙と芸術展―かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ―』が、7月30日から東京・六本木の森美術館で開催される。

同展は、古来から信仰と研究の対象であり、芸術の中でも表現されてきた「宇宙」にまつわる企画展。会場を「人は宇宙をどう見てきたか?」「宇宙という時空間」「新しい生命観―宇宙人はいるのか?」「宇宙旅行と人間の未来」の4つのテーマで構成し、未来に向けた新たな宇宙観、人間観の提示を試みるという。

展示物は、レオナルド・ダ・ヴィンチの天文学に関する手稿やガリレオ・ガリレイの天文学古書、曼荼羅図、『竹取物語絵巻』、荒俣宏のSF雑誌コレクション、現代アーティストによるインスタレーション、宇宙開発の最前線の様子など約150点。出展作家には、アンドレアス・グルスキー、ピエール・ユイグ、ヴォルフガング・ティルマンス、ヴァンサン・フルニエ、パトリシア・ピッチニーニ、空山基、杉本博司、チームラボ、野村仁、逢坂卓郎らが名を連ねている。

イベント情報

『宇宙と芸術展 ―かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ―』

2016年7月30日(土)~2017年1月9日(月・祝)
会場:東京都 六本木 森美術館

時間:10:00~22:00(火曜は17:00まで、入場は閉館の30分前まで)
出展作家:
北脇昇
前田征紀
向山喜章
ヴィヤ・セルミンス
ビョーン・ダーレム
アンドレアス・グルスキー
ジア・アイリ
トレヴァー・パグレン
セミコンダクター
コンラッド・ショークロス
ヴォルフガング・ティルマンス
ヴァンサン・フルニエ
ローラン・グラッソ
ピエール・ユイグ
パトリシア・ピッチニーニ
空山基
杉本博司
ジュール・ド・バランクール
マリア・グルズデヴァ
野村仁
逢坂卓郎
チームラボ
トム・サックス
ほか

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択