【速報】RADWIMPSのセトリは驚きの連続

SPICER+

RADWIMPSここにあり

出だしから鳥肌が立った。

「暑いだろうから一曲静かな曲やる」と宣言した野田(Vo,G)が、ひとりピアノに向き合い歌い出したのは「あいとわ」!

これには場内も呼吸を忘れたかのように、じっとその歌声に耳を傾ける。

そのセットリストはその後も驚きの連続であった。

「おしゃかしゃま」「DADA」「君と羊と青」など、ライブで盛り上がり必至の楽曲たちはもちろん抑えてあったものの、初期~中期の楽曲もふんだんに織り込まれ、会場からも驚きと喜びの声が上がり続ける。中盤の「トレモロ」の前奏で、個人的には本日2度目の鳥肌。

演奏面も相変わらず鉄壁のグルーヴと、ハイレベルなテクニックに支えられ、アレンジも冴え渡っており、スキが無い。

そして70年目の終戦記念日、その日にステージに立つことへの感慨と70年間平和であったことへの喜びを口にし披露した「アイアンバイブル」で、確かなメッセージを僕らに投げかけたRADWIMPSの姿を目の当たりにして感じたのは、やはり現在のロックシーンに必要不可欠な存在であること。

祝祭ムードのサマソニにおいても言うべきことをちゃんと言い、かと思えば別のMCでは「超楽しいな、終わりたくねえな」としっかり楽しんでもいる。これぞRADWIMPSの真骨頂だろう。
 

個人的には久しぶりに観るRADWIMPSのモードが気になっていたのだが、よりオープンに、過去も現在も肯定的にとらえているのかな、という感じ。

今年下半期、RADから目が離せなそう。

※初回、掲載時に内容について誤った記述がございました。ご迷惑をおかけしました事、深くお詫び申し上げます。

イベント情報
SUMMER SONIC 2015

日時:2015/8/15(土)・16(日)
会場:
■東京
QVCマリンフィールド&幕張メッセ (千葉県)
■大阪
舞洲サマーソニック大阪特設会場 (大阪府)
シェア / 保存先を選択