キングコング・西野亮廣 絵本原画展『えんとつ町のプペル展』が神戸で開催に

ニュース
アート
2016.12.13
キングコング・西野亮廣 絵本原画展『えんとつ町のプペル展』

キングコング・西野亮廣 絵本原画展『えんとつ町のプペル展』

画像を全て表示(10件)

2017年1月7日 (土)~29日(日)にかけて、神戸別品博覧会会場2階ギャラリーにて、“おもしろ絵本作家”として活動するキングコング・西野亮廣の絵本原画展『えんとつ町のプペル展』が開催される。

本展は、西野亮廣が制作に4年半を費やした全41ページの絵本『えんとつ町のプペル展』の原画を総覧する展覧会だ。原画は特殊なフィルムにプリントされ、後ろからLEDライトで光を当てて暗い会場内に展示される。さらに、下絵やキャラクター設定、完成までの流れなどの製作過程を紹介するパネルも設置されるとのこと。また会場内では作品のテーマソングが流れ、絵本の世界観が演出された空間が広がっている。気になる方はぜひ足を運んでみては。

 

イベント情報
『えんとつ町のプペル展』

開催期間:2017年1月7日 (土)~29日(日)
開催場所:『神戸別品博覧会』会場2階ギャラリー
神戸市中央区三宮町2丁目11-3
アクセス:JR「元町駅」東改札口から徒歩約5分
http://www.felissimo.co.jp/s/pr16121302/1/
時 間:11:00~20:00(最終入場は19:30)
料 金:入場無料
問い合わせ:gallery@beppin-expo.com

 

書籍情報
『えんとつ町のプペル』
 


・著 者:にしのあきひろ
・出版社:幻冬舎
・価格:本体価格2,000円(税込2,160円)
・ページ数:90ページ
・発行日:2016年10月24日

煙突だらけの『えんとつ町』では、そこかしこから煙が上がり、頭の上はモックモク。
黒い煙でモックモク。
黒い煙に覆われた『えんとつ町』の住人は、
青い空を知りやしない。
輝く星を知りやしない。
そんな町に生きるゴミ人間と、親を亡くした少年のもとに起こる奇跡の物語……。
シェア / 保存先を選択