『レ・ミゼラブル』昆夏美・唯月ふうか・松原凜子がエポニーヌ鼎談~可愛く、強く、切なく~

SPICER+
(左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか

(左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか


2013・15年に続き3度目の登板となる昆夏美と、初挑戦の唯月ふうか、松原凜子。30周年を迎える今年の『レ・ミゼラブル』でエポニーヌを演じる3人にインタビュー!

3人並んで、一緒に作っていくエポニーヌ

――昆さんがいちばん先輩という事実にまずびっくりというか、時の流れを感じます。

 私がいちばんびっくりしています(笑)。初めてエポニーヌを演じた2013年には、客席から観ながらずっと目標にしていた(笹本)玲奈ちゃんや、(平野)綾ちゃんや(綿引)さやかちゃんが隣にいて、すごく頼もしく感じていました。今の私とふうかちゃんは、当時の玲奈ちゃんと私と同じくらいの年齢で…。玲奈ちゃんはすごくお姉さんに見えていたんですけど、私はふうかちゃんの目にどう映ってるんだろうなって、すごく不思議な感覚です。

昆夏美

昆夏美

唯月 お姉さんに見えてます! 歌稽古に初めていらした時から「あ、昆さんだ…!」という感じでしたし、歌っている姿を見ると、「やっぱりエポニーヌだな!」って。頼りたい、と言うと失礼になっちゃうかもしれませんが、たくさん吸収させていただきたいです。

松原 私もふうかちゃんと同じ気持ちです。ずっと客席から観ていた方だから、同い年なんですけど、どうしても「昆さん」なんですよね。昆さんは、自分から「ああだよ、こうだよ」って言うんじゃなくて、背中で見せてくださる方なので、こちらから食らいついていきたいです。

 そんなそんな…。でもそうですね、「私が引っ張っていこう」みたいなことではなくて、3人並んで一緒にエポニーヌを作っていきたいんですけど、誰にでも「初めて」はあって。歌稽古での「どういう感じで歌えばいいんだろう」という不安や、製作発表で歌う時の緊張感は私も通ってきたものなので、聞いていただければもちろん共有したいという気持ちでいます。

松原 製作発表では《オン・マイ・オウン》を歌わせていただいたんですが、緊張し過ぎて、息がこれくらい(鎖骨から喉)しか吸えませんでした(笑)。

唯月 私は《ワン・デイ・モア》を歌わせていただいたんですけど、緊張を通り越して、何をやったか覚えていないです(笑)。

唯月ふうか

唯月ふうか

 すっごく分かります。帝劇でソロを歌うって、そういうことなんですよね。

唯月 でも終わったあと、昆さんが「良かったよ」って言いに来てくださって、すごく嬉しかったです! しかも、「昆ちゃんって呼んで」とも言ってくださって。

 そう、「昆ちゃん」「ふうちゃん」「凜ちゃん」って呼び合わない?って。

松原 まだ「昆ちゃん」とは呼べないですが(笑)、これからそうなっていけたらと思います。

松原凜子

松原凜子

――すでに歌稽古が始まっているとのことですが、エポニーヌ役について、新たな発見などはありましたか?

唯月 私は乙女チックになりがちで、音楽監督さんから「もっと強く」と言われています。頭では分かっていても、悔しいくらいできない時がたくさんあって、いちばん大事な「楽しんで歌う」ことを忘れてしまった時期もあって…。でも今はそれを乗り越えて、「エポニーヌってただ乙女チックなんじゃなくて、マリウスの前でお姉さんぶってるところとかが可愛いんだな」って、少しずつですが分かってきています。もっと自分を解放することが、今後の目標ですね。

 私は3回目なので、2回やってきた歌い方が勝手に出てしまうことがあって。まだ何色にも染まっていない二人の歌を聴くことで、「エポニーヌの歌はこういうもの」という概念が覆されるような感覚がありますね。こういうのは初めての経験で、ものすごく勉強になっています。

松原 そうなんですか? まだ固まっていないので、ただただマズい歌い方をしてしまっているだけではないかと心配です…(笑)。でも音楽監督さんから、「コピーのコピーは劣化版にしかならないから、真似しようとしないで楽譜に戻れ」とはいつも言われていて。「昆さんみたいに歌いたい!」と思っても、「私だったら…」と考えるようにしています。発見は、私はふうかちゃんとは逆に強く強く作ってしまっていたので、「エポニーヌって本当は可愛いんだな」というところですね。やせ我慢にやせ我慢を重ねているいじらしさを、もっと出していきたいです。

30年後にも『レ・ミゼラブル』があったら…?

――自分の、またはお互いのどんなところに「エポニーヌらしさ」を感じますか?

唯月 どんなところだろう…。

 ふうかちゃんは、もう本っ当に可愛い! ね?

松原 はい、本当に! マリウスに恋してキュンキュンしている感じがめちゃくちゃ出ていて、それが声にも乗っていて素敵だなって、隣で聴きながらいつも思っています。私には欠けているところなので(笑)、特にそう思うのかもしれません。

唯月 恥ずかしい…(笑)。オーディションの時から、「もし自分に好きな人がいたら…」って想像しながら歌っていたので、そう言っていただけるのはすごく嬉しいです。でも、今は逆にエポニーヌの強さを出したいと思っているところなので、昆さんや凜子さんを見ていると、強さや切なさが声にも表れていて本当にすごいなと思います。

(左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか

(左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか

松原 ふうかちゃん、いつもそう言ってくれるけど、自分では分からないんですよね。

 凜子ちゃんは大人っぽいんです、同い年なのに(笑)。エポニーヌの凛とした感じっていうのを、すでに持っていらっしゃるのを私も感じます。

松原 嬉しい…!

 ふうかちゃんにも、「ふうかちゃんのエポニーヌ」がすでにあると思うから、強さを出したいっていう気持ちはもちろん大事にしつつ、そのままでいいって思います。太い声を出せば強く見えるわけでもないですし、持って生まれた可愛いふうかちゃんの声のまま、子どもが強がってるようなエポニーヌを作ればいいんじゃないかなって。…ごめんなさい、なんかすごくエラそうな言い方になっちゃったんですけど(笑)。

唯月 いえいえいえ!

 私は今、二人を見ながら「自分はどういうエポニーヌを作るんだろう」って考えているところです。今までは、稽古をする中で出来上がっていった感じなので、立ち稽古が始まる前からこうやって考えるのは初めてなんです。今はまだ歌稽古の段階で、エポニーヌ像が見えてはいないんですけど、これまでのことは忘れて改めて作っていけたらと思っています。

――では最後に「30周年」にちなんで、もし「30年後」にも『レ・ミゼラブル』が上演されていたら、どんな関わり方をしていたいかを聞かせてください。

松原 私と昆さんは…55歳?

アザーカット07 (左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか

アザーカット07 (左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか

 55歳(笑)。ふうかちゃんは、50歳?

唯月 そうですね(笑)。

 まだまだ若いわね(笑)!

唯月 追いつきたいです~(笑)。

 初演でコゼットをやってらっしゃった鈴木ほのかさんが、全く違うマダム・テナルディエ役としてまた舞台に立たれるのは、作品のファンとしても共演者としてもとても楽しみですし、新しいことに挑戦されるバイタリティをすごく尊敬します。マダム・テナルディエをずっとやってらっしゃる森公美子さんのように、毎回違うものを求められる中で続けていく強さも、島田歌穂さんのように、初演キャストでいらっしゃりながら「今年は観客として応援します」とおっしゃる姿勢もそれぞれ素敵で…。私がどうなるかは想像がつかないですが、どんな形であれ、『レ・ミゼラブル』を愛する一員ではいたいなと思います。

松原 素晴らしい答えですね(拍手)!

 いやいや…長々とすみません(笑)。

唯月 私は、『レ・ミゼラブル』で得ることって、この先絶対に生かされるんだろうなと思っていて。30年経った時、今のことを思い出して、初心に帰れたらいいなと思います。50歳の自分がどうなっているかは全く分からないですけど(笑)、それが夢ですね。

松原 私は…ほのかさんがマダムを演じられると聞いた時、素晴らしい!と思ったんです。色々な面があるほうが人間として魅力的ですし、私もひとつのキャラに絞ったりはしたくないなと思っていて。だから「30年後」と聞いて真っ先に浮かんだのは、もし私がちゃんと生きていたら…

 生きてる生きてる(笑)。

唯月 生きてます(笑)!

松原 生きていたら(笑)、ぜひマダム・テナルディエに挑戦してみたいなって。意地悪なだけでも、面白いだけでもダメな、役者としてすごくやり甲斐がある役だと思うんです。それまで、まずは役者を続けていないといけないですけどね(笑)。

(左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか

(左から)松原凜子・昆夏美・唯月ふうか

取材・文:町田麻子  写真撮影:原地達浩

公演情報
ミュージカル『レ・ミゼラブル』
 
■作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
■原作:ヴィクトル・ユゴー
■作詞:ハーバート・クレッツマー
■オリジナル・プロダクション製作:キャメロン・マッキントッシュ
■演出:ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル
■翻訳:酒井洋子
■訳詞:岩谷時子
■プロデューサー:田口豪孝/坂本義和
■製作:東宝
■公式サイト:http://www.tohostage.com/lesmiserables/

■配役:
ジャン・バルジャン:福井晶一/ヤン・ジュンモ/吉原光夫
ジャベール:川口竜也/吉原光夫/岸祐二
エポニーヌ:昆夏美/唯月ふうか/松原凜子
ファンテーヌ:知念里奈/和音美桜/二宮愛
コゼット:生田絵梨花/清水彩花/小南満佑子
マリウス:海宝直人/内藤大希/田村良太
テナルディエ:駒田一/橋本じゅん/KENTARO
マダム・テナルディエ:森公美子/鈴木ほのか/谷口ゆうな
アンジョルラス:上原理生/上山竜治/相葉裕樹
ほか
 
<東京公演>
■会場:帝国劇場
■日程:2017年5月25日(木)初日~7月17日(月・祝)千穐楽
*プレビュー公演 5月21日(日)~5月24日(水)
 
<福岡公演>
■会場:博多座
■日程:2017年8月1日(火)初日~8月26日(土)千穐楽
 
<大阪公演>
■会場:フェスティバルホール
■日程:2017年9月2日(土)初日~9月15日(金)千穐楽
 
<名古屋公演>
■会場:中日劇場
■日程:2017年9月25日(土)初日~10月16日(月)千穐楽

■『レ・ミゼラブル』日本公式サイト http://www.tohostage.com/lesmiserables/

シェア / 保存先を選択