春風亭昇太「暁斎展は、まるで笑点!」 百鬼に囲まれた昇太が『これぞ暁斎!』展の見どころを語る

SPICER
『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

画像を全て表示(8件)

2月22日、落語家の春風亭昇太が、Bunkamuraザ・ミュージアム『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力』(会期:2017年2月23日~4月16日)の開幕記念イベントに登場した。この展覧会の音声ガイドを務める昇太は、河鍋暁斎の大作『百鬼夜行図屏風』の前にあつらえられた高座で見どころをPRした。

 

魑魅魍魎、まるで笑点!

昇太は、はじめに自身の後ろに展示された『百鬼夜行図屏風』を見て「後ろからのオーラがすごくて、背中を向けているのが申し訳ない」とコメント。加えて、ユーモラスに描かれた妖怪たちに「『笑点』に出てくるような人たちばかりですね。あれ多分、小遊三師匠なんじゃないかな? あの番組と同じ魑魅魍魎とした、言うことを聞いてくれない感じなので、後ろを向くとちょっと安心します」と語り、会場の爆笑を誘った。

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント

河鍋暁斎は、幕末から明治を生きた天才絵師だ。圧倒的な画力で、仏画から戯画、春画まで幅広い作品を手がけ、国外での評価も高い。昇太は、展示作品を「ずっとにやつきながら、声を出して笑いながら観ました。かわいいし、上手ですよね」と振り返る。たとえば、綱渡りをするコウモリが描かれた戯画について「もともとお前飛べるだろ!」と突っ込みをいれるなど、展覧会を満喫した様子がうかがえた。

河鍋暁斎 《動物の曲芸》 明治4-22(1871-89)年 紙本着彩 イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター

河鍋暁斎 《動物の曲芸》 明治4-22(1871-89)年 紙本着彩 イスラエル・ゴールドマン コレクション Israel Goldman Collection, London Photo:立命館大学アート・リサーチセンター

また「(鎖国していた日本に)急に色んな情報が入ってきて、江戸時代では考えられなかったアイデアが生まれて。とにかく絵を描きたくて描きたくてしょうがない人だったんだなと感じました」と、暁斎が生きた時代背景にも触れながら感想を語った。

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

 

注目は、こだわりの落款

この展覧会の楽しみ方として、昇太は『落款(らっかん、書画に押されるハンコ)』のおもしろさをあげた。暁斎が様々なデザインの落款を使い分けていること、中には上下逆さに押されたものもあることを指摘。「いいのが描けた!」と思ったところで逆さに押してしまい慌てたのではないか、酔っぱらっていたのではないか、などを想像するのだと語る。さらに「子どもは観ちゃダメなコーナーありましたよね。にんまりしながら観てきました」と話す春画コーナーの掛軸にも、暁斎のこだわりの落款が。ユーモアたっぷりのデザインは、ぜひ会場で確認してほしい。

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

暁斎は、破天荒な自由人だったと伝えられ、生涯に3度結婚し59歳で亡くなった。最期に手を握っていたのは、外国人の男性の弟子だったというエピソードが紹介されると昇太は、「そんな看取られ方するくらいなら、ひとりで死にたい! 誰もいないところで、縁の下とかそういうところで猫みたいに死んでいきたい!」と涙目になり、笑いに変えた。

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント

昇太は、『これぞ暁斎!』のナビゲーターとして音声ガイドにも参加している。暁斎の『幽霊画』はオドロオドロしい作品だが、この作品の音声ガイドでは"ダメな幽霊”が登場する噺をコンパクトに聞かせてくれる。また、この作品に描かれている幽霊について「歌丸師匠にとても似ているんです! この展覧会には、本当に知り合いがたくさんいますね」と笑顔で会場を見渡した。

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』音声ガイド

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』音声ガイド

 

「河鍋みておけば間違いないでしょう!」

本展について昇太は「とにかく、上手くて面白くて巧み。これを見れば日本画のおもしろさを、良さを感じてもらえるお得な展覧会です!」と締めくくった。会見の最後には報道陣に求められ、急遽謎かけも披露。

「『暁斎展』とかけまして『運転して困った時』と解きます。その心は? 『カーナビ(河鍋)みれば間違いないでしょう!』」

観て間違いない『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力』は、4月16日まで開催。

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

『ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!』開催イベント 春風亭昇太

イベント情報
ゴールドマン コレクション
これぞ暁斎!世界が認めたその画力

開催期間:2017年2月23日(木)~4月16日(日)
※会期中無休
開館時間:10:00-19:00(入館は18:30まで)毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム
主催:Bunkamura、フジテレビジョン、東京新聞
後援:ニッポン放送、ブリティッシュ・カウンシル、日仏会館フランス事務所
協力:日本航空
お問合せ:03-5777-8600(ハローダイヤル)
他会場
■高知県立美術館
2017年4月22日(土)~6月4日(日)
■美術館「えき」KYOTO
2017年6月10日(土)~7月23日(日)
■石川県立美術館
2017年7月29日(土)~8月27日(日)
※会期は予定
シェア / 保存先を選択