天野喜孝個展『AURUM』、天野流の風神雷神図や百鬼夜行図も

ニュース
2015.9.2
 天野喜孝『Venus 1』2015 紙に水彩、アクリル、箔 30×23cm ©AMANO Yoshitaka, Courtesy Mizuma Art Galley

天野喜孝『Venus 1』2015 紙に水彩、アクリル、箔 30×23cm ©AMANO Yoshitaka, Courtesy Mizuma Art Galley

天野喜孝個展『AURUM』が、本日9月2日から東京・市ヶ谷のミヅマアートギャラリーで開催されている。

『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクターデザインなどで知られる天野は、15歳で入社したアニメ制作会社タツノコプロで『タイムボカン』シリーズや『科学忍者隊ガッチャマン』のキャラクターデザインを担当。1990年代は海外でファインアートに取り組んだ。アーティストとしての全体像を紹介する展覧会『天野喜孝展 想像を超えた世界』は、初開催となった2014年の熊本・熊本市現代美術館を皮切りに日本全国を巡回している。

ラテン語で「金」や「光り輝くもの」を意味する「AURUM」をタイトルに冠した同展では、絵画や陶器など様々な手法の作品で構成される。風神雷神図や百鬼夜行図、月に見立てた壷や中に秘密を内包したという箱など、日本的な題材も多く取り扱われるとのこと。9月2日にはオープニングレセプションも行われる。

イベント情報

天野喜孝個展
『AURUM』

2015年9月2日(水)~10月3日(土)
会場:東京都 市ヶ谷 ミヅマアートギャラリー
時間:11:00~19:00
休廊日:日、月曜、祝日
料金:無料

オープニングレセプション
2015年9月2日(水)18:00~20:00
会場:東京都 市ヶ谷 ミヅマアートギャラリー

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択