一夜限り!博多の街一帯に幻想的な灯明アートが出現

ニュース
2015.9.29


旧博多部一帯(福岡市博多区)で10月17日(土)に「第21回博多灯明ウォッチング2015」が開催される。

同イベントは、御供所、冷泉、大浜、奈良屋といった歴史ある地区を中心に、名所や旧跡などを幻想的な灯明(とうみょう)の灯りで照らし出す、博多の秋の風物詩。かつて、博多の神社や寺に灯明を並べ、家内安全を祈願した千灯明を現代風にアレンジした催しだ。広い敷地を生かした灯明の地上絵や、寺社や細い路地を照らし出す幻想的な灯りなど、さまざまな灯明アートが街のあちこちで見られる。

メイン会場となる旧博多部の他に、JR博多シティや博多リバレインモールなどでも開催される。会場ごとにテーマを決めて展開され、JR博多駅から博多埠頭周辺まで博多の街一帯がロウソクの優しい灯りに包まれる。

また、東日本大震災の復興支援として「あかりのわ」プロジェクトも実施する。各会場では、ペーパーランタンによる被災地へのメッセージキャンドルの作成(有料)や、ロウソクイベントの開催(支援金制度)なども行われる。秋の夜長、幻想的な明かりを眺めながら、博多の街を散歩してみよう。【福岡ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択