ゴッホ《ひまわり》が初来日! 『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』、2020年に世界初開催決定

ニュース
アート
2019.1.18
フィンセント・ファン・ゴッホ 《ひまわり》 1888年、カンヴァスに油彩、92.1×73cm  (C)The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ひまわり》 1888年、カンヴァスに油彩、92.1×73cm  (C)The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

画像を全て表示(3件)

2020年3月より東京・上野の国立西洋美術館で、2020年7月より大阪・中之島の国立国際美術館で、世界初となる『ロンドン・ナショナル・ギャラリー展』が開催される。

ロンドン・ナショナル・ギャラリー内観 (C)The National Gallery, London

ロンドン・ナショナル・ギャラリー内観 (C)The National Gallery, London

ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、英国ロンドン中心部のトラファルガー広場に面した世界有数の美術館。王室の収集を母体とした多くのヨーロッパの美術館とは違い、1824年に国家制定法により設立された美術館であることに最大の特徴がある。ファン・アイク、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ティツィアーノ、ルーベンス、ベラスケス、ターナー、モネ、セザンヌ、ゴッホなど、13世紀から20世紀初頭までのヨーロッパ絵画の様々な画派を網羅した約2,300点の作品を所蔵し、年間の来場者数は世界の美術館・博物館でもトップ5に入る500万人超を誇る。

しかし所蔵作品の多くを常設展示している同館は作品の貸出に極めて厳しいことで知られ、これまで館外で所蔵作品展が開催されることは一度もなかった。日本初公開となるゴッホの傑作《ひまわり》をはじめ傑作約60点を一挙日本で公開することは、同館史上初の試みであり、歴史的な開催となる。

本展のみどころ

ロンドン・ナショナル・ギャラリー外観 Photo: Phil Sayer

ロンドン・ナショナル・ギャラリー外観 Photo: Phil Sayer

本展では、ロンドン・ナショナル・ギャラリーが所蔵する、イタリア・ルネサンスから20世紀までの幅広い時代とジャンルに及ぶ西洋絵画の傑作約60点を一堂に公開する。その構成は、英国とヨーロッパ大陸の美術における相互関係、および英国における大陸の美術の収集という観点に基づき、英国で築かれた汎ヨーロッパ的なコレクションとしての同館の特質に光を当てる内容を予定している。中でも、同館の最大の目玉作品である、ゴッホ《ひまわり》の日本初公開は、美術ファンならずとも待望の機会となることだろう。

フィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ひまわり》 1888年、カンヴァスに油彩、92.1×73cm  (C)The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

フィンセント・ファン・ゴッホ 《ひまわり》 1888年、カンヴァスに油彩、92.1×73cm  (C)The National Gallery, London. Bought, Courtauld Fund, 1924

ゴッホの代表作として世界中で愛されている傑作《ひまわり》。彼は1888年から89年にかけて、南フランスのアルルで花瓶に生けたひまわりの絵を7点描いた。ロンドンのヴァージョンはそのうちの4点目にあたり、共同生活を送る予定だった
畏友ポール・ゴーガンの寝室を飾る目的で描かれたもの。ゴーガンの寝室には2点のひまわりが飾られたが、彼はロンドンのヴァージョンを最も好んでいたとされている。ひまわりの花は、ゴッホの夢であった共同生活に対する忠誠を象徴していたとも考えられる。本ヴァージョンは、多様なトーンと筆致で描き分けられた黄色の美しい調和が際立つ作品で、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館(東京)所蔵の《ひまわり》も本作品を元に制作されている。

イベント情報

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展
東京展
会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)
会期:2020 年 3 月 3 日(火)~6 月 14 日(日)
主催:国立西洋美術館、ロンドン・ナショナル・
ギャラリー、読売新聞社 ほか
大阪展
会場: 国立国際美術館(大阪・中之島)
会期: 2020 年 7 月 7 日(火)~10 月 18 日(日)
主催: 国立国際美術館、ロンドン・ナショナル・
ギャラリー、読売新聞社 ほか 
シェア / 保存先を選択