2015年夏アニメは「まんがタイムきらら」作品のみつど<萌え>に注目!

SPICER
まんがタイムきららwebから引用キャプチャー

まんがタイムきららwebから引用キャプチャー

画像を全て表示(4件)

 

いよいよ放送が始まった2015年夏アニメ。今回も50を超える作品が存在しますが、
そんな中でも「萌え作品好き」が注目しているのは、「まんがタイムきらら」関連作品が3本もあることではないでしょうか!

 

「まんがタイムきらら」作品といえば、『ご注文はうさぎですか?』『きんいろモザイク』など、多くの萌えアニメが代表的です。
とにかく可愛い女の子達が、目的もなくゆる~い日常を過ごす。これが視聴者にとっては、最高に至福で最強の癒やしタイムなんです!

ではではここで、これまでの「まんがタイムきらら」作品を振り返っていきましょう!

●『ひだまり』『けいおん!』『ごちうさ』……人気作品のオンパレード!
「まんがタイムきらら」は10代~30代の男性をメインターゲットにした4コマ漫画誌。姉妹誌も存在しており、
ストーリー性のある作品が多い『まんがタイムきららフォワード』
漫画初挑戦の新人作家が連載を持つ『まんがタイムきららミラク』などがあります。


数々の人気作品・アニメを生み出してきた「まんがタイムきらら」ですが、その中でもやはり『ひだまりスケッチ』は外せません!
『まんがタイムきららキャラット』にて2004年から連載され、同誌の看板的な作品といえます。
作品内容は、同じ寮に住む女子高生達の日常を描くもの。主人公・ゆののお風呂シーンや、百合要素を感じさせる友情など、まさに萌えアニメの先駆け、萌の代表作品であります。


そして時代は流れ、2009年には社会現象にもなった「けいおん!」がアニメ化されました。
こちらも『ひだまりスケッチ』同様に、普通の女子高生達が軽音部を舞台にゆる~い日常を繰り広げる作品。
主題歌もオリコン史上初アニメキャラ首位を獲得するなど話題になりました。


そしてそして、2014年には『ご注文はうさぎですか?』が放送される。これが萌を求めるユーザーに大ヒット!
OP主題歌「Daydream café」の「心ぴょんぴょん」という、思わず口ずさんでしまうフレーズも有名ですよね。


こうして「まんがタイムきらら」作品は、「萌え」を中心に女の子達のゆる~い日常を淡々と描いていた作品が多いんです。

ですが、2015年夏アニメで放送される3つの作品『城下町のダンデライオン』『わかば*ガール』『がっこうぐらし』は
従来の「萌え」に加え、新しい「挑戦」にも注目できるような作品となっています。
では、早速「まんがタイムきらら」が放つ期待の3作品をご紹介していきましょう!

 

●9人兄弟が大奮闘! ドタバタファミリーコメディで萌え笑い!

最初に紹介するのは『城下町のダンデライオン』。家族をテーマにした作品です!
恥ずかしがり屋な櫻田茜を中心に、出てくる女性キャラクターが素敵!
兄妹という設定を活かし、しっかり者の長女・葵、思わず抱きしめたくなるような六女・栞、と色々な方のニーズにも応えています。

城下町のダンデライオン公式サイトよりキャプチャー ©春日 歩・芳文社/城下町のダンデライオン製作委員会

城下町のダンデライオン公式サイトよりキャプチャー ©春日 歩・芳文社/城下町のダンデライオン製作委員会

<STORY>

ごく普通に街中で生活する櫻田家は、実は国を統べる王族である。

しかも全員特殊能力持ち!
そんな一家に生まれた三男六女の兄弟姉妹の中から、次期国王が国民投票によって選ばれることになった。
判断材料として、町中に設置された複数のカメラによって監視されTV放送される中、一生懸命カメラを避けたり、
選挙にやる気だったり、協力しあったりと思い思いの行動を取るきょうだいたち。

なんだかんだと仲良しな家族ながら、選挙で勝ち残るのは一体誰!?

櫻田一家が繰り広げるドタバタファミリーコメディ開幕!

(公式サイトより引用)

 

あらすじにもある通り、櫻田兄妹には特殊能力があるんですが、これが面白い!
自身と触れたものの重力を操る、瞬間移動することができるなど、
特殊能力はただの萌えアニメに留まらない楽しさをもたらしてくれそうです。

それに加え、選挙という要素も新鮮! 国人の人気を得るために奮闘する兄妹たちの姿は見逃せませんよ!

公式サイトはこちらから!

 

●短編アニメと侮る無かれ! ぎゅっとつめ込まれた萌えと癒やし

『わかば*ガール』は短編アニメではありますが、何度も見てしまうような魅力に溢れた作品です!

わかば*ガール公式サイトよりキャプチャー ©原悠衣・芳文社/白詰女子高一年藤組

わかば*ガール公式サイトよりキャプチャー ©原悠衣・芳文社/白詰女子高一年藤組

<STORY>

小橋若葉、春から高校1年生。


正真正銘のお嬢様ですが、普通の女子校に入学しました。
新生活では見るもの全てが新鮮で、毎日はしゃいでしまいます。
そんな彼女の目標は……ギャルになること!?


変なお嬢様と個性派クラスメイトたちの交流を描く
4コマコメディ、いよいよTVアニメスタート!

(公式サイトより引用)

 

とにかく若葉のズレっぷりが可愛い! 高校生になるまで道草経験なし、
友達とアイスを食べるのにも感動している様子はもう……ほっこりします。


「アニメで癒やされたいけど時間がない!」というストレス社会で戦う現代人にオススメしたい一作です。

 

公式サイトはこちらから!

 

●ただの萌えアニメではない……油断せずに最後まで見てください

最後にご紹介するのは『がっこうぐらし』。放送前に公開されていたPVを見て、
ほんわかした日常系アニメだと想像した方も多いことでしょう……。
アニメ放送前に公開された、キャスト陣によるユニット「学園生活」が歌うOP主題歌
「ふ・れ・ん・ど・し・た・い」の試聴用MVだって、あんな楽しそうにキャッキャウフフしていたのに……。

がっこうぐらし!公式サイトよりキャプチャー (c) Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

がっこうぐらし!公式サイトよりキャプチャー (c) Nitroplus/海法紀光・千葉サドル・芳文社/がっこうぐらし!製作委員会

<STORY>

学校に寝泊まりする”学園生活部”の4名、

ムードメーカーのゆき、シャベルを愛する(?)くるみ、
皆をまとめるりーさん、しっかり者の後輩みーくん。
おっとりとした顧問のめぐねえに見守られながら、
朝ごはんに乾パンを食べたり、屋上の菜園でプチトマトを収穫したり、
部屋から逃げ出した犬”太郎丸”を追って学校中を走りまわったり……
時に大変なこともあるけれど、それ以上に楽しさがあふれている、みんなと一緒に暮らす日々
彼女たち”学園生活部”は、今日も元気いっぱい活動中!


「わたしたちは ここにいます」

(公式サイトより引用)


いやはや、まさかこんな展開になるとは。あえて多くは語りません、ぜひご自身の目で確認していただきたい!
普段萌えアニメを見ない人にもおすすめしたい作品です。

 

公式サイトはこちらから!

 

さて、ほんとうにざっくりですが3作品をご紹介いたしました!
どの作品も、「まんがタイムきらら」作品の持つ「可愛い・萌え」を取り入れつつも、
これまでにない様々な形の面白さにチャレンジしているような印象を受けました!


それぞれ違った面白さをもつ3作品が今後どのような展開になっていくのか、萌え作品ファンとして目が離せません!

シェア / 保存先を選択