『全日本ブレイキン選手権』は2/18~19開催! 本日から一般発売が開始

ニュース
スポーツ
2023.2.1
『第四回 JDSF 全⽇本ブレイキン選⼿権』は2月18日(土)・19日(日)に 代々木第二体育館で開催

『第四回 JDSF 全⽇本ブレイキン選⼿権』は2月18日(土)・19日(日)に 代々木第二体育館で開催

画像を全て表示(3件)

『第四回 JDSF 全日本ブレイキン選手権』が2月18日(土)・19日(日)、代々木第二体育館で開催される。チケットは2月1日(水)に一般発売。

世界につながる2022年度『第四回 JDSF 全日本ブレイキン選手権』

世界につながる2022年度『第四回 JDSF 全日本ブレイキン選手権』

『全日本ブレイキン選手権』はダンススポーツ競技 ブレイキン種目における国内最高峰で、強化選手を決めるための重要な大会。国内ポイントランキングの上位者が出場し、技を競う。

2024年パリオリンピックでは、「ブレイキン」が追加種目に正式採用された。ここで上位に入ることが強化指定選手への指定につながり、国際大会や五輪への出場といった世界への道が開ける。

2月24日(金)・25日(土)には日本初の世界大会『WDSF Breaking for Gold World Series in 北九州』が、9月にはベルギーで世界選手権が行われるが、出場者は強化選手から選ばれる予定だ。

日本初の世界大会『WDSF Breaking for Gold World Series in 北九州』

日本初の世界大会『WDSF Breaking for Gold World Series in 北九州』

『全日本ブレイキン選手権』のシード選手とカテゴリー別ランキングは以下の通り。2008年12月31日以前に生まれた選手による「オープン」は25位まで、2009年1月1日以降に生まれた選手による「ジュニア」は20位までが、『全日本ブレイキン選手権』に出場する。

■シード選手

半井 重幸 (SHIGEKIX・神奈川県・オープン男子優勝)
俣野 斗亜 (TOA・京都府・オープン男子準優勝)
福島 あゆみ(AYUMI・京都府・オープン女子優勝)
湯浅 亜実 (AMI・神奈川県・オープン女子準優勝)
米澤 脩斗 (Haruto・石川県・ユース男子優勝)
菱川 一心 (ISSIN・岡山県・ユース男子準優勝)
津波古 梨心(RIKO・沖縄県・ユース女子優勝)
小手川 結翔(YUIKA・千葉県・ユース女子準優勝)
倉井 湧都 (Wato・栃木県・ジュニア男子優勝)
堀之口こうたろう(Ko-taro・大阪府・ジュニア男子準優勝)
川瀬 心晴 (KOHARU・大阪府・ジュニア女子優勝)
竹中 千遥 (haru・東京都・ジュニア女子準優勝)

※左からダンサーネーム・所属都道府県・昨年度全日本成績 

■全日本出場ポイントランキング

<オープン男子>
1 HIRO10(2,150)
2 LIL'BOM(2,030)
3 RA1ON(1,970)
4   Kaku(1,580)
5   Steezyskee(1,550)
6   TSUKKI(1,420)
7   Nori(1,330)
8   Roman(1,250)
9   WINGZERO(1,060)
9   Taichi(1,060)
11  MicchaN(1,000)
12  SHADE(930)
13  GEN ROC(850)
13  TETSU(850)
13  yuto(850)
13  Samohan(850)
13  yamibakura(850)
18  HAYATO1(840)
18  SHOSEI(840)
20  AYU(820)
21  Take(730)
22  YU-KI(640)
23  RYOGA(600)
23  KYO(600)
23  Aisatsu(600)
23  GAIGAN(600)
23  Ryo-ta(600)

<オープン女子>
1  AYANE(2,420)
2  chura(2,330)
3  YUINA(2,060)
4  HIYO(1,910)
5  cocoa[dsb703](1,550)
6  KAEDIE(1,400)
6  Kaede(1,400)
8  Sy(1,390)
9  Hinata[DSB1059](1,300)
10 RAM(1,270)
11 NANOHA(1,150)
12 AYU(1,020)
13 nanaka(1,000)
13 Rin(1,000)
15 hinata[DSB0446](850)
15 RIKO(850)
15 miru-k(850)
15 NANAKA(850)
19 sora(840)
20 HONOKAA(660)
21 MI-OU(600)
21 REILA(600)
21 noa(600)
21 Nanana(600)
25 miyu(570)

<ジュニア男子>
1  Lil kong(2,120)
2  ORION(1,880)
3  Renrën(1,760)
4  Hikalucciv(1,730)
5  yu_shin(1,550)
5  HaLuTo(1,550)
7  HAJIME(1,420)
8  SENA(1,250)
8  JULY(1,250)
10 GIN(1,200)
11 RAI(1,100)
12 Seiya(1,060)
13 mitaka(1,000)
13 HARUTO(1,000)
15 TORA(850)
16 ShoNuff(820)
17 SOMA(730)
18 MIZUKI(670)
19 Tomoki(660)
20 HAYATA(640)

<ジュニア女子>
1  7G(2,680)
2  Noa(2,420)
3  Mirei(2,180)
4  Hio(2,060)
5  EmieKat(1,880)
6  Yuuka(1,730)
7  mitsuki(1,550)
8  Urara(1,400)
9  HANA(1,330)
10 KoKo(1,100)
11 URUMI(1,000)
12 sumire(850)
13 CHANMIII(820)
13 AO(820)
15 HANO(730)
15 Sunny(730)
17 fuua(600)
17 KAREN(600)
17 MEISA(600)
20 KIILA(420)
20 konappi(420)
20 MIYA(420)

※ポイントランキングにシード選手がいる場合は、その選手を除いたランキング上位者が出場。
※同率25位又は20位がいる場合も対象者に出場権利を付与。
※ポイントランキング上位2名及び、シード選手は全日本でのプレセレクション(予選1回目)が免除となる。プレセレクション以降の予選への出場が必要。

イベント情報

『第四回 JDSF 全⽇本ブレイキン選⼿権』

 日時:2月18日(土)・19日(日)
 場所:代々木第二体育館(東京都)

シェア / 保存先を選択