菅田将暉のキュートな“お団子ショット”を公開 その内面には狂気が……映画『ディストラクション・ベイビーズ』

ニュース
動画
2016.4.14
お団子頭の菅田将暉 ©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

お団子頭の菅田将暉 ©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

画像を全て表示(2件)

5月21日公開の映画『ディストラクション・ベイビーズ』から、菅田将暉の劇中カットが公開された。

同作は新鋭・真利子哲也監督の初商業作品。共同脚本に『桐島、部活やめるってよ』で日本アカデミー賞優秀賞を受賞した喜安浩平氏も参加し、キャストには主演の柳楽優弥をはじめ、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎など日本映画界を担う若き才能が集結する話題作である。菅田演じる裕也は、柳樂演じる主人公・泰良が訳もなく通行人に襲い掛かり、返り討ちにされても凶行を繰り返す姿に魅せられていくキャラクター。

今回公開されたのは、そんな裕也の姿をフィーチャーした劇中カットだ。菅田は胸がキュンとするようなお団子アタマや学ラン姿を披露してるが、その表情は険しいものばかり。実は本作の菅田は、主人公・泰良に影響を受け、凄惨な凶行に手を染めていく役柄なのである。見た目にも明らかに“ヤバい”泰良と違い、一見普通の高校生に見える裕也が内に秘めていた狂気と欲望を爆発させる場面には、これまでの菅田将暉を観てきた多くのファンは絶句するはず。菅田がどんな演技をみせるのかは、劇場で確認してほしい。
 


映画『ディストラクション・ベイビーズ』は5月21日(土)テアトル新宿ほか全国公開

イベント情報
映画『ディストラクション・ベイビーズ』 

©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会


監督・脚本:真利子哲也
脚本:喜安浩平
出演:柳楽優弥 菅田将暉 小松菜奈 村上虹郎 池松壮亮 北村匠海 三浦誠己 でんでん
 
【ストーリー】
 愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた。
【タイトルの由来】
 タイトルの由来は、「Distraction=気晴らし、動揺」だけでなく、「Destruction=破壊」という、類似する発音で2つの意味を持った言葉から、この映画の若者たちの群像劇を象徴するタイトルとなった。
公式サイト:distraction-babies.com

©2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会
シェア / 保存先を選択