中村勘九郎が駆け抜け、松坂桃李が華麗な太刀さばきを披露!映画『真田十勇士』特別映像

SPICER
 ©2016『真田十勇士』製作委員会

©2016『真田十勇士』製作委員会

9月22日公開の映画『真田十勇士』から、撮影の舞台裏をとらえた特別映像が公開された。

映画『真田十勇士』は、日本テレビ開局60年特別舞台として2014年に上演された『真田十勇士』の映画化作品。名将・真田幸村が実は"ヘタレ"で、猿飛佐助ら真田十勇士の活躍によって天下一の武将に仕立て上げられていたという、大胆な設定のスペクタクル時代劇だ。同舞台の演出を手がけた堤幸彦監督がメガホンをとり、同じく舞台版脚本のマキノノゾミも続投している。

公開された特別映像では、主人公・猿飛佐助役の中村勘九郎、寡黙でクールな忍者・霧隠才蔵役の松坂桃李、佐助と才蔵の幼馴染のくのいち・火垂役の大島優子、そして堤監督が撮影現場のようすを語っている。
 


同作のみどころのひとつは、真田丸や大阪城など日本映画史上類を見ない大きなスケールで組まれたセットを。堤監督は「はしからはしまで全部見渡すことが出来ないくらい大きく」「ロケも広大な敷地を借りた」と驚きを隠せない。また、3ヶ月かけて制作された、真田軍の出城・真田丸に、200人以上のエキストラが集められて、“大坂の冬の陣”を撮影したという。

舞台版でも主演をつとめた勘九郎は「まさか映画になるとは思わなかったんですけど、素直に嬉しかったですね。結構ハードな舞台だったので、死ぬ思いでやっていたものが報われたのかなって」と喜びを語り、松坂は「笑って感動して、オワッ!てなって、ゾクッ!となり、あっという間に時が過ぎる時代劇作品もなかなか無いんじゃないかな」と撮影時の手ごたえを明かしている。また、本格時代劇初挑戦の大島は「アクションとか演出がダイナックとか派手なだけじゃなくて、色んなものを含めて凄くパワーのある作品だと思ったから、これ全部つながったらどれだけヘビーなんだろうと思ったんですけど」とコメントし、心を躍らせる。 

そのほか、映像中には勘九郎が戦場を駆け抜けながら敵と複数の敵と斬り結ぶシーンや、松坂が舞うように華麗な太刀さばきを見せる場面、そして、大島が宙を舞うワイヤースタントなど、期待感をあおるアクションメイキングが満載だ。

同作は全国公開と同時期に、堤監督演出で舞台上演も決定している。そのほか、出版化も同時進行するなど、映画×舞台×小説というメディアミックスが行われている点にも注目だ。それぞれのテイストがどう違うのかを観比べてみるのも面白いかもしれない。

映画『真田十勇士』は9月22日(祝・木)全国ロードショー

作品情報
映画『真田十勇士』

監督:堤幸彦
脚本:マキノノゾミ、鈴木哲也
出演:中村勘九郎 松坂桃李 大島優子 永山絢斗 高橋光臣 駿河太郎 村井良大 荒井敦史 望月歩 青木健 石垣佑磨 加藤和樹 伊武雅刀 佐藤二朗 野添義弘/松平健(特別出演) 加藤雅也 大竹しのぶ
配給:松竹・日活
©2016『真田十勇士』製作委員会
 
【ストーリー】
関が原の戦いから10年。天下統一を目の前にした徳川家康と「豊臣の世を再び!」と復権を狙う豊臣家の対立が深まっていた戦国の世で、「智謀知略天下に並ぶ者なし!」の名将として、世間から尊敬を集めていた男、真田幸村(加藤雅也)。しかし、なにやら様子がおかしい。実は幸村、その男前な容貌と、奇跡的に起こるラッキーの連続によって、天下の名将に祭り上げられていただけの、ただの<腰抜け男>だったのだ!その実像と虚像のギャップに悩んでいた時、抜け忍・猿飛佐助(中村勘九郎)と運命的に出会う。忍者の里から飛び出して、ドデカいことを成し遂げたいと思っていた佐助は、「オイラの嘘で、あんたを本物の天下一の武将に仕立て上げてみせようじゃないか!」と、 同じ抜け忍の霧隠才蔵(松坂桃李)を筆頭に一癖も二癖もある勇士たち十人の勇士たち[三好清海][三好伊三][由利鎌之助][筧十蔵][真田大助][望月六郎][海野六郎][根津甚八]を集め、ここに≪真田十勇士≫が誕生した!幸村、そして十勇士たちは逆転の機運を狙っていた亡き秀吉の妻・淀殿(大竹しのぶ)に呼び寄せられ、佐助お得意のハッタリ作戦もあって、またたく間に、徳川との戦いの先頭に立つことになってしまう!そして、戦国最後にして最大の戦いと呼ばれる事になる徳川対豊臣の<大坂の陣>がついに幕を開ける! 佐助と才蔵を狙う忍者仲間の火垂(大島優子)との因縁、淀殿と幸村の“禁断の秘密”など数奇な縁が絡み合う中、戦いは激化し、冬の陣から夏の陣へと進んでいく。果たして、猿飛佐助の一世一代の大嘘は時代を変えるのか?そして真田十勇士の運命やいかに。
 
シェア / 保存先を選択