Kalafina×SPICE 「Road to ARENA」パーソナルインタビュー Hikaru編「次の夢は歌い続けること」

インタビュー
2016.9.9
Hikaru 撮影=菊池貴裕

Hikaru 撮影=菊池貴裕

画像を全て表示(4件)
Kalafina×SPICE『Kalafina~Road to Arena LIVE』vol.4
SPICE では、今秋9月にアリーナライブを控えるKalafinaに独占密着取材を敢行。彼女たちのアリーナライブまでの道のりを、稽古場レポートや、 Wakana・Keiko・Hikaruのそれぞれへの単独インタビュー、そしてライブレポートを通じて連載で追いかけます。

 

Kalafinaアリーナライブを追いかける連載である『Road to Arena LIVE』Kalafina三人それぞれのパーソナルインタビューをお送りしているが、今回はHikaru編。三人の中では最後にKalafinaになった彼女。寡黙なベールの向こうの思いに直撃した。


――Hikaruさんです、改めてよろしくお願いします。

よろしくお願いします、凄い緊張しています(笑)。

――折角の個別インタビューなので、最初は皆さんに「あなたにとってKalafinaとは」という質問をさせて頂いていますが、HikaruさんにとってのKalafinaとはなんでしょう?

私にとってのKalafinaですよね? えっとね……「生きること」。

――おお、大きなテーマが出てきましたね。

自分はもともとあんまり外に出るタイプじゃないし、世界観を広げようってプライベートではあまり思わないタイプなんです。Kalafinaになっていろんな場所で歌を歌ったり、ぜんぜん違うタイプの二人と出会ったことで、自分が持っている世界だけではなくて、他にもいろんな世界があって、それも面白いっていうのが知れたし、自分が持ってないものに魅力を感じられるようになったのが凄く大きいと思ってるんです。自分が生きることの意味とか、歌ってることの楽しさみたいなこともKalafinaで教えてもらっているんですよ、だから「生きること」かな。

――Hikaruさんは、すでにKalafinaのメンバーとして活動していたWakanaさん、Keikoさんに加わる形で、オーディションで入られたのは存じておりますが、当時のエピソードなどあればお聞かせ願えますか?

オーディションで、「合格しました」って言われて。それから数日かな、HPができてたんですけど、「Kalafina」ってWakanaさんとKeikoさんの二人の写真が出てて、「あれ?合格したって言われたのにな」って(笑)。世の中にKalafinaが出ちゃってるけど二人しか居ない、CDも出すらしい……出た!やばい! CD屋さんに買いに行かなきゃって。CD買いに行って(笑)。

――なんか凄い話ですね(笑)。 オーディションに応募したキッカケというのは?

もともとソニーの別のオーディションを受けていて、最終選考に残っていたのをみて、ソニーの方から直接「こういうオーディションがあるんだけれど受けてみない?」ってお声がけいただいて、受けたんですよ。行ったらもう10人ぐらいしか居なくて、歌って、帰ってきて、電話で「受かったよ」って(笑)。

――初めてお二人にお会いした時はどうでした?

初めてお会いした時は確か……ARIAのレコ―ディングの時かな? スタジオでお会いしたんですよ。Keikoさんは初めてお会いした時はクールビューティーだと思って、あまりおしゃべりも出来なかったんです、でもたまに見せる笑顔を見て人の心をつかむ人だなあと。Wakanaさんは「はじめまして」って話しかけてくださって。自分は結構人見知りで、自分からは行かないタイプなので助かりました(笑)。

――Hikaruさんはほんわりふんわかした印象があります、前にライブのMCで「普段何やってますか」って言う質問に「部屋でクロスワードとかやってます」とか言ってたのが印象的でして。

そうなんですよ。クロスワードパズルとか、漫画読んだりとか、アニメ見たり、本当に家から出ないので。インドアなんですよ!

――今もそれは変わらず?

変わらないですね、オフの日は家に居ます。基本的に寝るのが好きなんですよね(笑)。

――でもKalafina 3人の歌声の中では一番ポップさを感じます。

そういう声質なのかもしれません

撮影=菊池貴裕

撮影=菊池貴裕

 

――Wakanaさんも、今度の新曲「blaze」でHikaruがリードを取ることに意味があると言ってらっしゃいました。

そうですね……比較的リードをとっている「One Light」等もリードを入れ変わりで歌っているので、これだけリード取らせてもらうのは珍しいですね。

――でも本当にKalafinaの歌声はそれぞれ印象的なんですよね、そう感じるのはみなさんが今まで好きだった音楽だったり歌ってきた音楽っていうのもあるんでしょうか?

私は自分がオーディションで歌いたい曲を聞いて、練習して、歌って、というのが多かったんです。なのでどちらかと言うと女性のソロボーカルだったり、JPOPを聴くことが多かったですね、それも歌声に影響していると思います。小さい頃は母も音楽が好きなので、家では洋楽もクラシックもロックとかも含めていろんな音楽がかかっていました。初めて自分でほしいと思った洋楽はディスティニー・チャイルドのアルバムでした。それが高校生くらいかな。

――なんかこう、歌で生きていこうと思った決定的なキッカケとかあったんでしょうか?

実は決定的なキッカケは特になくて物心がついた時から、ずーっと歌手になりたかったんです。きっとほとんどの女の子ってお花屋さんになりたいとか、ケーキ屋さんになりたいっていう道を通ると思うんですけれど、そういうのがなくって。昔から歌を歌いたいだけ(笑)。

――歌を歌うっていう、初志貫徹で夢を叶えた系女子なんですね(笑)。

そう言われると、そうですね! (笑)。そういう言葉にすると凄い夢がありますね。頑固にやってきたし、家族の支えもあったので、叶えられたっていうのもあります。

――Keikoさんもさっき「Hikaruはちょっと頑固なところがある」とおっしゃられてました。

自覚あります(笑)。

――曲げたくないものがやっぱりあるんですかね?

譲れないところがあるんですよ。

――譲れないポイントとかどういうものがあるんでしょうか。

歌手になるっていう夢も、いろんな人に、「夢でしょ」「なれるわけ無いじゃん」って言われ続けて……「現実見れば」って言われた事もありました。この世界に入れるのってほんの一握りの人たちじゃないですか。この職業でご飯を食べて一生暮らしていくってなかなか出来ない。そんなことは重々承知で目指していたんですけど、直接言葉にされると結構グサっとくるわけですよ。でも自分にはこの道しか考えられなかったから。だから、ずっと歌手になるって言いつづけて、ずーっと頑固にやって来ました。

――確かにぐさっとは来ますよね、頑固なのと打たれ強いのは別だと思いますし。

やっぱりちょっとシュンてしますよね(笑)。 傷つきはするけれどもそこはやっぱり譲れなかったです。別の職業につきたいと思ったこともなかったです。

――でもKalafinaになって、ある意味夢を叶えて、歌うことでご飯を食べられるようになって、身の回りの環境とかで変わった事ってありますか?

そうですね……自分はKalafinaになって東京に出てきたんです。半年くらいはCD制作だけだったので、レコーディングのたびに東京に来ていたんですけれど、「今後Kalafinaがどうなっていくかわからないけど、東京に出てくる気持ちありますか?」ってソニーの方がその当時住んでいた富山までお話に来て下さって。その時は正直ちょっと悩んだんですけれど……。一度もらえたチャンスだったし、自分の可能性を見てみたいと思ったんです。それにKalafinaでしか得られないものが絶対にあるって感じていたので、上京しますとお返事をして。そしたら「Lacrimosa」っていう第二章スタートの曲への参加も決まって。そこで流動的ではなく3人でKalafina、いう“ユニット”として活動していきますってお話が出たんです。

――上京してみてどうでした?

それまでライブ直前にしかリハーサルが出来なかったのを、短いスパンで3人でリハーサル出来るようになったり、3人で過ごす時間が増えたので、自分たちが何を思っているのかとかそれぞれの胸の中をたくさん話すことが出来るようになりましたね。コミュニケーションを取ることでユニット感と言うのは増したなあと思いますし。多分富山に住んでたら、ずっとそういうのはなかったと思います。

――生活全部が、歌うためになったわけですもんね。では、ある意味夢を叶えたHikaruさんの、今の夢は?

今の夢ですか?

――元から、歌手になる!って言ってて、歌手になって。この先見るHikaruのストーリーとはなんでしょう。

……歌い続けることです。歌い続けていたいですね、できうる限り。

――伝えたいものがある、という感じでしょうか。

元々喋る事が苦手だったので、歌で自分の気持ちを伝えたいと思っていて。自分は歌で皆さんと会話するってよく言うんですけれど、ライブをやっていく中で、自分が伝えたい事を出していくだけじゃなくって、聞いてくださってる方の表情とか、気持ちを受け取って、更にどう歌うかを考えたりするようになってきたんです。こちらから一方的に伝えるだけじゃなくて、会話なんだって思えるようになったんですよね、歌うことはコミュニケーションだって実感したんです。

――全然しゃべるのが苦手な感じしませんけどね。

いやいや! もう、今も手に汗握ってます(笑)。

撮影=菊池貴裕

撮影=菊池貴裕

――Hikaruさんの中で、たくさんある楽曲の中で、印象的な楽曲ってありますか?

凄く難しいですね……そうだなあ、1曲ですよね……?「Magia」かな? シングルで初めて、自分がほぼメインを歌わせていただけた曲でもあったし、梶浦さんが後日インタビューで「Hikaruが居なかったら書いてなかった曲だ」っておっしゃってくださったのも凄く大きいです。

――なるほど。

ちょうど『Kalafina LIVE Spring TOUR 2011 “Magia”』で、初めて故郷の富山でライブをさせていただいたんです、あの時期は震災もあって。ライブをするかどうかって事務所の人とすごく悩みましたし、それでも自分たちが今できることってなんだろうって考えて、歌うことしか無い、音楽を届けることしか無いって結論に至ったんです。凄く不安定な時期ではあったんですけれど、だからこそ強い気持ちを持って歌おうって思った曲だったので。

――確かにあの時期は様々なライブも中止になりましたし、凄くエンタメ自体がセンシティブでしたね。

そうですね、「Magia」は自分の願いを強く持って、信じて突き進む楽曲なんです。だから今でも歌うときは、「信念を曲げずに突き進む」っていう願いはとても大事で、人の活力になるものだって思いながら、歌わせて貰ってます。

――アニメファンからみてもあの曲はすごい衝撃的だったと思います。

独特の旋律を持った曲だからでしょうか。

――『魔法少女まどか☆マギカ』は作品も凄かったですけど、曲も一回聞いたら忘れないインパクトがありましたね。魔法少女アニメじゃないなこれ! っていうか。

魔法少女アニメって聞いて、絵コンテを少しだけ見せていただいて、キャラクターデザインも蒼樹うめ先生の絵で可愛らしいじゃないですか。

――そうですね、とてもかわいいキャラデザでした、僕らもそれに騙されましたし(笑)。

あのキャラクターだけを見た状態で「Magia」が上がってきたので、「ん?」ッて思って(笑)。 でも梶浦さんが担当されるアニメってことは、ちょっと大人のアニメなんだろうなって想像してたんです。それでアニメを後で見て、「あ、なるほど、こういうことか!」ってようやく納得したというか(笑)。 3話くらいまではあの曲謎を含んでる感じするじゃないですか。

――謎ですねえ。確かに今思うと完全に謎です。

もし作品がのほほん魔女っ子アニメだったら「Magia」は生まれてなかったかもしれませんね。

――さて、改めて他のお二人のことをどう思ってるかどうかを聞かせて頂ければ。まずはWakanaさんを。

Wakanaさんは、繊細な女性っていうイメージですね。すごく人に気を使う方ですし、その分周りもよく見ていて、お話とかしてても、「どうなの?」って聞いてくれる。自分のことを全部オープンに見せるってとても恥ずかしいし、隠したいことだって普通はあるじゃないですか。それを敢えて自分から「私はこういう人ですよ」って提示してくれる。それが出来るって凄い事だって思うんです。人間らしさ、女性らしさっていうところがとても素敵な方だなって。

――そしてKeikoさん。

Keikoさんは、お仕事もプライベートもすべてのことにおいて、自分がやるって決めたことは最後までやり切る方なので、その分掘り下げるためにいろんな工夫をされたりして、物事を突き詰めていくんです。常に止まらず、休憩しない方なんですよ、だからすごく尊敬もしてるし、背中を見てついて行きたいと思うけど、インドア派の自分から見ると、Keikoさんは物凄くアクティブなので、たまにいつ休んでるのかな?って思ったりもします(笑)。

――そして、改めてアリーナツアーですけれども、Hikaruさん視点の見どころがあればぜひ聞かせてください。

見どころですか……最初からみなさん想像し得ないものが見られるとは思うんですよ。まさか!のオープニングだし、自分の想像では会場に入った時点で「え?」ってなる……はず!(笑) 。こういうKalafinaあったんだ! みたいな新しい視点からのKalafinaを、絶対どこかで見てもらえるような気がしていて。だから、Hikaru的今回のポイントは「今まで自分が思ってたKalafina+α」が見られる!

――確かに稽古を見た時点でそれは感じてました。

片鱗を感じてもらえて嬉しいです。

――楽しいと同時に、お客さん戸惑うだろうな、と思いました。最初は。

なるほど、今回は今までとは違う視点からも、曲を掘り下げようっていうチャレンジもあるのでみなさんに新鮮な感覚を味わってもらえる場所が出てくるんじゃないかなと思っています。

――最後の質問になりますが、ツアーが終わったとして、1週間完全オフをお渡ししますと伝えたら、何をしますか?

えー、完全オフ!?

――マネージャーさんからメールも来ないくらいのオフです。

うーんと、凄い不安になると思います! (笑) なにしようかなぁ……でも、ライブをやったらその後は振り返りたいので、1回貰った映像とか音源とかをチェックして……ああ、今回のライブってこうだったんだなあって落ち着いたら、寝ます(笑)。

――やっぱりインドアですね(笑)。

家でゴロゴロします! それ以外なら、本屋に行ったり、温泉に行ったりしたいですね。

――お、急にアクティブな意見が出てきましたね。

好きなモノはアクティブになるんです。好きなモノじゃないパターンはちょっと……引きこもっちゃうんですよね(笑)。根っこがオタクなんですよ。コラボカフェとかは行きたいんですけども、普段は家にこもってアニメ見たいんです! (笑)。

――熱く断言されましたね(笑)。

毎クール10本以上見てるんで。最近だと『食戟のソーマ 弐ノ四』や『Re:ゼロから始める異世界生活』とか、『甘々と稲妻』も好きですね!

――ではぜひ今度SPICEでアニメコラムとかやって頂ければ。

やりたいですね! 是非! でもその前に『Kalafina Arena LIVE 2016』を無事終えて、映像を見返して、ゆっくり寝てからですかね(笑)。
 

撮影=菊池貴裕

撮影=菊池貴裕

インタビュー・文=加藤岳史 撮影=菊池貴裕

Kalafina×SPICE 「Road to Arena LIVE」パーソナルインタビュー Wakana編はこちらから!

Kalafina×SPICE 「Road to Arena LIVE」パーソナルインタビュー Keiko編はこちらから!

 

公演情報
Kalafina Arena LIVE 2016

9月10日(土)~9月11日(日) 神戸ワールド記念ホール
9月16日(金)~9月17日(土) 日本武道館 

Kalafinaライブ情報専用サイト http://www.kalafinalive.com

シェア / 保存先を選択