円柱水槽でユラユラするチンアナゴも人気!「南知多ビーチランド」vol.2

SPICER

アシカ・イルカショーや大水槽での餌付けガイドは毎日開催!

ふれあいと体験の水族園「南知多ビーチランド」(愛知県知多郡)は、遊びの創造ランド「おもちゃ王国」併設の総合レジャー施設。イルカやアシカなど、動物たちとの距離の近さが魅力です。前回は、ふれあいイベントを中心に紹介しましたが、「イルカスタジアム」でのアシカ・イルカショーや、大水槽で行われる餌付けガイドも毎日開催されています。

※動物の体調や季節などにより内容を変更する場合があるので、ショーのスケジュール等は公式サイトや園内でご確認ください。

飼育員さんとコミカルな演技をするアシカ

飼育員さんとコミカルな演技をするアシカ

 

アシカ・イルカショーでは、イルカの高い運動能力を見ることができ、アシカの動きをコミカルに表現した演出なども楽しめます。

イルカと握手

イルカと握手

観客がイルカと握手できたり、アシカが客席横の階段を上ってきてくれるなど、ショーの中でも動物を身近に感じられるような工夫が見られます。

大水槽での餌付けガイド

大水槽での餌付けガイド

「海洋館」には同園で最大の水槽があり、アジやイワシの群れなど、近海に棲む魚たちを展示。水量1,000トンの大水槽で行われる餌付けガイドでは、ダイバーが魚たちにエサをあげる様子を見ながら、飼育員さんによる解説を聞くことができます。この日は、エイがエサを食べる瞬間なども見ることができました。エイは裏側から見ると笑ったように見えますが、口の上にあるのは鼻の穴で、目は背中側についています。大水槽で、スナメリが他の魚たちと一緒に飼育されているのも珍しいです。

探検アクアリウム「レックダイブ」

探検アクアリウム「レックダイブ」

海底に眠る海賊船や海底洞窟をまわりながら、ダイバーになった気分で魚たちを観察することができる探検アクアリウム「レックダイブ」にも、様々な工夫があります。ここは、ただ見ているだけでは、魚の名前や解説を見つけることができません。宝箱や扉、引き出し、ボタンなどを見つけたら、迷わず触ってみましょう。いろいろなところに、魚の名前や解説が隠されています。

 

円柱水槽で飼育されている、たくさんのチンアナゴも人気です。砂の中から頭を出したりひっこめたりしながら、ユラユラしているチンアナゴ。時々、他の個体と動きがシンクロするのも面白いです。

セイウチ

セイウチ

同園で一番体の大きな動物は、セイウチです。巨体に圧倒されますが、愛嬌のある表情にも注目しましょう。

正面ゲートの近くにある「ドルフィンショップ」では、チンアナゴグッズなどがたくさん販売されています。

「超特大ダイオウイカ」(34,800円 数量限定)

「超特大ダイオウイカ」(34,800円 数量限定)

ショップに入って最初に目に入ったのが、全長348センチの「超特大ダイオウイカ」(34,800円 数量限定)。実際に、購入した人もいるそうです!

「工房 瀬戸水峰窯」の瀬戸染付焼

「工房 瀬戸水峰窯」の瀬戸染付焼

店長さんのオススメは、「工房 瀬戸水峰窯」の瀬戸染付焼。食洗機や電子レンジにも対応しています。

「美浜の塩入 豆乳ボーロ」(440円)

「美浜の塩入 豆乳ボーロ」(440円)

「美浜の塩入 豆乳ボーロ」(440円)には、地元美浜町で造られたやわらかな味わいの自然塩を使用。「スタッフが好んで買って帰るくらいうまい!」というポップを見たら、思わず買ってしまいましたが、やさしい味で美味しかったです!

 

南知多ビーチランド
住所:愛知県知多郡美浜町奥田428-1 
営業時間(1月~2月の平日)10:00~16:00
    (1月~2月の土日祝、冬休み)10:00~16:30
    (3月~10月)9:30~17:00
    (11月)9:30~16:30
    (12月)10:00~16:00
休園日:12月~2月の毎週水曜日(冬休み期間を除く)
    ※12月、2月上旬にメンテナンス休園あり
 
シェア / 保存先を選択