シャネルやディオールのオートクチュールドレス集結、仏展覧会が上陸

『PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服』が、3月4日から東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催される。

19世紀後半のパリで生まれたオートクチュールは、パリ・クチュール組合の承認するブランドが顧客の注文にあわせて仕立てる高級服。ガリエラ宮パリ市立モード美術館館長の監修のもとで2013年にフランス・パリ市庁舎で開催された展覧会を再構成する同展では、オートクチュールの始まりから現代までの歴史が紹介される。

会場では、シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、イヴ・サンローランといったブランドのドレスや小物、デザイン画、写真など約130点を展示。時代ごとのシルエットの変遷や、刺繍、羽根細工、コサージュなどに表れた職人技を見ることができる。

イベント情報

『PARIS オートクチュール―世界に一つだけの服』

2016年3月4日(金)~5月22日(日)
会場:東京都 丸の内 三菱一号館美術館

時間:10:00~18:00(祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日、5月2日、5月16日は開館)
料金:一般1,700円 高校・大学生1,000円 小・中学生500円

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択