国宝指定が決定!「洛中洛外図屏風(舟木本) 」が東京国立博物館にて5月8日(日)まで公開に

ニュース
2016.4.27
国宝 紙本金地著色洛中洛外図(舟木本) (※)右隻 東京国立博物館蔵

国宝 紙本金地著色洛中洛外図(舟木本) (※)右隻 東京国立博物館蔵

画像を全て表示(2件)

東京国立博物館が所蔵する岩佐又兵衛筆「洛中洛外図屏風(舟木本)」が、国宝に指定されることが決定した。

「洛中洛外図屏風(舟木本)」は、京都市中から下京あたりの景観を描いた六曲一双からなる屏風。特に人物を生き生きと表現している点が特徴だ。近年、洛中洛外図や岩佐又兵衛に関する研究が進展し、文化史的、美術史的重要性が再認識されたことで、国宝に指定されることとなった。

東京国立博物館では、2016年5月8日(日)まで特集「平成28年 新指定 国宝・重要文化財」が開催されている。「洛中洛外図屏風(舟木本)」をはじめ、平成28年(2016年)に新たに国宝・重要文化財に指定されることになった55件のうちの52件が展示されているとのこと。(写真パネルのみの展示含む)

本作が当館で公開されるのは、2013年開催の特別展『京都―洛中洛外図と障壁画の美』以来となる。当館で「洛中洛外図屏風(舟木本)」が公開されるのは、2016年中は本展示のみだ。

また、東京国立博物館のウェブサイトでは、国宝指定決定記念として、人物や京の風俗をクローズアップしてみることができる「洛中洛外図 舟木本 あなたがいちばん見たいシーンは?」のアンコール投票が実施されている。展示とあわせて、こちらも楽しんでみてはいかがだろうか。

国宝 紙本金地著色洛中洛外図(舟木本) (※)左隻 東京国立博物館蔵

国宝 紙本金地著色洛中洛外図(舟木本) (※)左隻 東京国立博物館蔵

 

イベント情報
平成28年 新指定 国宝・重要文化財

会期 :2016年4月19日(火)~5月8日(日) ※4月27日(水)~5月8日(日)は無休
会場 :東京国立博物館 本館8室・11室
開館時間:4月27日(水)~28日(木)は9時30分~17時、4月29日(金)と5月6日(金)は~20時、上記以外は~18時
観覧料 :一般620(520)円、大学生410(310)円
総合文化展観覧料でご覧いただけます。
*( )内は20名以上の団体料金
*特別展は別途観覧料が必要
問合せ :03-5777-8600(ハローダイヤル)

東京国立博物館ウェブサイト http://www.tnm.jp

 

シェア / 保存先を選択